だいぶ負担が減るんだけどな…夫に「ちょっとは協力してよ!」と思う瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2018.06.22.Fri

お互いに好きだから結婚したはずなのに、なぜか日々イライラは募るばかり……。「夫がほんの少し助けてくれるだけで、家事の負担もグンと減るんだけどなぁ……」と思うことってありませんか?
そこで今回は「夫に『ちょっとは協力してよ』と思う瞬間」についてご紹介します。

1. 洗濯物が裏返しのまま

・ 「毎回洗濯物が裏返しのまま出されている。結局私が畳むときに直しているんだけれど、それくらい自分でやってほしい」(30代/主婦)

・ 「夫はTシャツやパーカーをいっぺんに脱いだまま洗濯機に放り込むので、いつも私が干すときに1枚1枚分けなければならない。あれは地味にイライラします……」(30代/パート)

▽ 1日の終わりで疲れているのはわかるけれど、こっちの負担も考えてほしいと思ってしまいますよね。また服を洗濯機に入れるどころか、汚れた服が部屋の隅に溜まっていることも……。「臭いし、洗濯機に入れるくらい自分でできるでしょ!」と怒りたくなってしまいます。

2. お皿を下げてくれない

・ 「ご飯を食べ終わった後、食器も片さずに無言で部屋を去る旦那。ごちそうさまくらい言ってほしいし、せめて茶碗をシンクまで持っていってほしい……」(20代/経理)

▽ 「私は旦那の家政婦じゃないのに……!」と思わず叫びたくなってしまうこちら。シンクにお皿を下げるくらい、せいぜい30秒あればできそうなもの。それなのに何でやってくれないのでしょうか……。これはもう根気よく「お願いだからやって」と言い続けるしかなさそうです。

3. ごみを分別してくれない

・ 「燃えるゴミも燃えないゴミも、全部ひとつのゴミ箱に捨てる旦那。それを仕分ける私の気持ちにもなってほしい!」(30代/パート)

▽ 「分別の基準がイマイチわからないから」という理由で、全部奥さんに丸投げしてくる男性もいるみたい。これはかなりの手間がかかりますよね。自分の地域の分別はどうなっているのか、わからないなら調べればいいだけの話です。夫が協力してくれるだけで、少しは負担も軽減されるでしょう。

4. 絶対に子どもとふたりきりになりたがらない

・ 「『何をしたらいいのかわからない』という理由で、旦那は子どもと絶対にふたりきりになりたがらない。いやいや……よその子じゃないんだから、そんなこと言ってないでたまには面倒見てよ!」(20代/主婦)

・ 「休日でも私と娘は外に出掛けて、旦那はひとり家でゴロゴロ。まだ自分が独身だと思っているフシがあるんだろうな……」(30代/パート)

▽ いわゆる「イクメン」も増えてきてはいますが、自分の子どもとはいえ何をして遊んだらいいのかわからず、「ふたりきりは絶対NG」と言ってくる旦那さんも。女性側からすると「たまには自分ひとりの時間も取りたいのにな……」と思ってしまいますよね。旦那が夜中まで友達と遊んでいる姿を見ると、よりやりきれない気分になってしまいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]