チャラいと思っていた人が意外にも好青年だなあと思った瞬間6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2018.06.08.Fri

噂で「あの人は軽いから気をつけたほうがいいよ!」なんて聞いている人と2人きりになったときには、ちょっと警戒してしまうもの。でもそんなときほど、優しい一面を垣間見てドキッとしたりしちゃうんですよね。
今回はそんな、チャラいと思っていた人が意外にも好青年だなあと思った瞬間を集めてみました。

チャラいと思っていたけど実は好青年

助けてくれたあとに見返りを求めるような発言をしない

仕事を手伝ってくれたときや、家に送り届けてくれたときなどに「貸しができたね」なんて見返りを求めるような発言をすることなく、心からよかれと思ってやってくれていることに気がついたとき。
「また何かできることがあったら言ってね」なんて優しい言葉までかけてくれると、もう完全に恋に落ちてしまうのです。

体のことを気遣ってくれたとき

男子の中には、セックスを断ると猛烈に不機嫌になる人っていますよね。体調が悪いと説明しているにもかかわらず、無言になったり文句を言ったり。相手がチャラそうなタイプの男子の場合、余計にそういう態度をとりそうだなと構えてしまうもの。
体調が悪くてセックスを断ったとき、すごく体のことを気遣ってくれたときには、心の中で「偏った味方をしていてごめんね」と思ってしまうのです。

以前話した内容をしっかりと覚えてくれていたとき

前回会ったときに話した内容をしっかりと覚えていてくれたときには、ちょっと驚いてしまうのです。どうせいろんな女の子と話しているだろうから、何を話したかなんて覚えていないだろうと思いきや、あなたがそのとき話した今後の予定の内容も覚えていて、その後の近況を尋ねてきてくれたりすると、「この人もしかして、私のこと……」なーんて、思ってしまうのです。

手をつなぐときやキスをするときにいちいち許可を求めてくるとき

完全に女の子慣れしていると思っていたけれど、デート中に手をつなぐときやキスをするときに毎回「手をつないでもいい?」「キスしてもいい?」と尋ねてくるときには本当にキュンキュンしてしまうのです。
そんなのは成り行きでしてくれたらいいのに、一応確認してくるあたりがちょっとシャイでかわいいですよね。

酔っ払っているときに介抱してくれたとき

悪酔いしてしまい、気分が最悪なときに優しく介抱してくれたとき。ヨロヨロと歩く人を抱えたり、ゲロのお世話をするのって本当に大変なのに、まったく下心なしで介抱してくれる彼は、まるで神のように見えてくるのです。
まあでも、泥酔状態すぎて見るも無残な姿になっている状態に、相手もドキッとはしませんよね。

お昼のデートに誘ってくれたとき

とりあえず遊びに行こうとか、飲みに行こうとかではなく、まずはランチやお茶だけのデートに誘ってくれたとき。最初のデートが、金曜日の飲みのデートだと少し警戒してしまうものの、休日のランチデートだと、なんだか清純な感じがして10代のころを思い出しちゃいますよね。
終電を逃したり、お酒がからまないデートのお誘いは、相手に下心がなさそうだなと警戒心もすっかり解けるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。