男性が「いい女だ」と憧れてしまう「素敵な大人女子」の特徴5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2018.05.29.Tue

可愛い、キレイと言われるとうれしいものですが「いい女」と思われたら、中身まで褒められた気になれそうですよね? 年齢とともに「素敵な大人の女性」になるためには「いい女」に近づくことも意識すべきかもしれません。
というわけで今回は、男性たちに聞いた「男性が憧れてしまう、いい女の特徴」をご紹介します!

「素敵な大人女子」の特徴

1. 自然な笑みを絶やさない「気配り上手」

いわゆる空気が読める女性も「大人のいい女」というイメージを持たれて、好感度が高いという声が! 話をするときに自然な笑みを絶やさず「感じがいい」こと、周りの人への「気遣いが上手」だと、いい女として一目置かれるそうです!

「飲み会のときに空いたグラスにサッとお酒をついだり、誰と話しても笑顔で感じがいい女性は『いい女』って感じがする! 気配りって大人ならではの魅力じゃないですか」(31歳・メーカー勤務)

▽ 周りの空気を明るくしてくれる「感じがいい女性」であることも、いい女のカギになりそうです!

2. 会話では「相手の話を聞くのが上手」

話をしながら「私は、私は」と自己主張しすぎるよりも、相手の話を上手に聞き出す女性の方が「いい女」という声もありました。自分の意見を言うのはいいことですが、会話のキャッチボールも意識して聞き上手でいることも大事?

「自己主張は悪いことじゃないけど、相手を不快にさせないような言い方をせず『そういう意見もすごくいいと思います。ちなみに私は……』とか、ひとこと配慮できる女性は『いい女』って感じがする」(29歳・IT関連)

▽ 「私が私が~」と自分の話ばかりすると「子どもっぽい」印象になり、いい女とはかけ離れてしまうという声も。

3. 相手によって「態度を変えない」

自分より立場が上の人には媚びて、後輩には冷たい……。なんてことがなく、誰と話をしても丁寧な程度で接する女性は「いい女」という意見も。相手によって態度をコロコロ変えたりせず、感じよく接すると信頼できるそうです。

「相手によって態度を変えたりしないで、誰にでも公平に感じよく接する女性。見ていて気持ちがいいし、ちゃんと信頼できる女性だなって思います」(31歳・アパレル関連)

▽ これは女子目線で見ても「いい女」ですよね。誰にでも丁寧に接する女性は、老若男女、全方位ウケよし!

4. 取り乱さず「落ち着いている」

何かトラブルがあったときに「わ~!」とパニックになってしまうこともありますよね。いい女は「冷静に対処できる」という声も! テンパったりしないで、落ち着いて行動する姿は「洗練された女性」という印象で、男性から「憧れ」の対象になるそうです。

「何か問題があったときに、ヒステリックになったりしないで冷静に対応する女性は『大人の余裕』を感じます! そういう年上の女性に憧れちゃう」(29歳・飲食関連)

▽ 大人になるにつれて「落ち着き」も大事に? パニックにならないで、深呼吸して対応してみるといいかもしれませんね。

5. しなやかな「芯の強い女性」

芯が強いというと「意見を曲げない」強面な印象をイメージしがちですが、そうではなく「臨機応変に相手に合わせるしなやかな女性」でありつつも「芯はしっかりしている」といい女だな~と憧れてしまう男性も多いそうです。

「絶対意見を曲げない! とかじゃなくて、相手や周りの空気に合わせられる『竹のようなしなやかな芯の強さ』がある女性は、雰囲気が美しいし、いい女ですよね~」(33歳・通信会社勤務)

▽ 「ブレない=我の強さ」ではありません。相手を思いやる「しなやかな芯の強さ」こそ「いい女」の証?

男性はこんな特徴を持つ女性に対して「素敵だな」と、大人の魅力を感じるそうです。女性から見ても「いい女」って思える言動が多いですよね! こんな共通点を意識して、年齢とともに中身の魅力もアップデートしていくことが大切なのではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net