かなわない? 男子が心底「女性ってすごいな」と感心すること5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2018.05.28.Mon

愛し合うカップルでいるためには「お互いに尊敬しあえる」ことも大事ですよね! 男性が「女性ってすごいな」と感心するポイントが分かれば、もっと愛情を深めるきっかけになるかもしれません。そこで今回は、男性たちに聞いた「心底“女性ってすごいな”と感心してしまうこと」をご紹介します!

男子が心底「女性ってすごいな」と感心すること

1. 一度に「たくさんのこと」ができる器用さ

一般的に女性の方が、男性よりも「器用」といわれていたりしますが。彼女が「一度に複数のことをこなす姿」をみて「すごいな~」と感心するという声も目立ちました! 料理をつくりながら、仕事をしたり、世間話したり、ついでにSNSチェックまで……すごい。

「彼女の部屋に遊びに行くと、いつも『一度にたくさんのことができる』ことに驚く。料理しながら、お茶をいれてくれたり、話をしたり……。男ってひとつのことしかできないタイプが多いから、すごいなって」(31歳・IT関連)

▽ 女性の方が一度にたくさんのことがこなせる、という意見が。人それぞれかもしれませんが、感心ポイントのようです!

2. いつも「身ぎれい」にする女性らしさ

身だしなみに気をつかって、メイクや髪型、ファッションと「キレイへの追及」をおこたらないところも「すごい」という声が。男性的には「そういうのって面倒」ですが、いつも身ぎれいにしている姿をみると「さすがだな」と思わずにはいられない?

「男子的にはそういうのって後回しなのですが、女の人ってちゃんと“身だしなみ”を気にするところがすごいと思う。ちょっと買い物ってだけでも『ちょっと待って!』って化粧するじゃないですか?」(28歳・飲食関連)

▽ いつも身だしなみを気にするところは「女性らしくて好感度高い」という声も目立ちました。

3. フクザツな「人間関係」の処理能力

女友達の付き合い方をみると「なんかフクザツだな~」と思う男性が多いそうで。言葉とは裏腹に「本音」を隠すようなこじれた付き合い方も「なんなくこなす」姿に「女性ってすごい」と思うこともあるそうです。

「男と違って、女子の付き合い方ってフクザツじゃないですか? だって本音と建て前が違っていたりするし(笑)。にもかかわらず、サラッと仲良くしているからすごいな~って」(30歳・アパレル関連)

▽ 苦手な人とも、とりあえず「うまくやれる」ところが女性ならでは……社会性がすごい?

4. 物事を「現実的」に考えられる

女性の方が「現実的」という声もよく耳にしますが、将来のこと、お金のこと、仕事のこと、など未来のことまでちゃんと考えていたり、空想だけで夢を語ったりしないところが「すごい」という声も。地に足がついているところも尊敬してしまうそうです。

「男って夢ばっかりで行動がともなわないやつが多いけど、女性は『計画的』に物事を考えられるところが尊敬! 彼女が具体的に将来のことを考えているのをみて、俺もちゃんと人生設計しないといけないなって」(33歳・メーカー勤務)

▽ これも人それぞれありそうですが、女性の方が「現実的」に物事を考えられることが多いのかもしれませんね?

5. やはり「女の勘」がするどい

昔から「女の勘はするどい」といわれていますが、実際に隠し事をしていると「何かあるでしょ?」と見抜かれてしまうという声も。そういうするどさが「すごい」と感心してしまうこともあるそうです!

「彼女の誕生日にサプライズとか企画すると、すぐ『何かいつもと違う』『隠し事してない?』とバレてしまうこと! 女の勘ってやつですよね? かなわないな~」(30歳・インテリア関連)

▽ ん、今日はいつもと様子が違うな……? 敏感に気づいてしまう「女の勘」もすごいところ。

こんな部分に「女ってすごい」と思うことがあるそうです。尊敬できる彼女、でいることも愛され要素に欠かせないこと! ということで「感心されるポイント」の参考にしてみるのもよさそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm