“愛され女子”になりたいなら止めておくべきこと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.05.25.Fri

「優しい彼氏が欲しい」「恋愛を楽しみたい」と思いながらも、現実はほど遠いというみなさん。ちょっと立ち止まって、自分のことをよく考えてみましょう。何気なくやっていることが、実は恋愛的にタブーだったりすることがあるのです。
今回は“愛され女子”になりたいなら止めておくべきことをまとめてみました!

“愛され女子”になりたいなら止めるべき

1. 元カレの悪口や恋愛に対するネガティブなことばかり口にする

たとえば、今彼氏ナシであることをアピールしたくて元カレの悪口を言ったり、あるいは恋愛そのものに対してネガティブな発言ばかりしたり、というのは恋愛運を下げてしまう一番やってはいけないタブー。
愛され女子を目指すなら、恋愛そのものに対しオープンで前向きな態度でいることが不可欠です。

2. 「あなたがいないとダメなの」と相手に依存しようとする

「男に頼ろうする可愛い女を演じても、案外それは逆効果だったりします。男は気になる女子を振り向かせようとする時は必死になりますが、女子が完全に心を許し、むしろ「あなたがいないとダメなの」なんて依存してくるようになると、重すぎる女と思って逃げてしまいます。
恋愛に過剰な期待や願望をかけ過ぎるのはくれぐれもご注意! それ以外にも、自分の楽しみややりがいを見つけておくほうが、あなたの魅力も引き出されてゆきます。

3. せっかくデートのお誘いがあっても「簡単には応じない女」を演じている

恋愛慣れしてない人ほど、男性からのお誘いにガードが堅すぎて、みすみすチャンスを逃していることがよくあります。「忙しいから」、「今は彼氏いなくても平気だから」なんて強気を装うアピールは止めましょう。
すぐにふたりっきりでデートまではいかなくても、連絡をくれたら「うれしい」とお礼を言ったり、丁寧な言葉遣いを心がけるだけで相手にいい印象を残し、焦らず自分のペースでお付き合いを進めてゆくことができます。

4. 自分の感情をうまくコントロールできず、相手に当たり散らしたりする

恋愛にもっとも必要な才能と言えば、見た目の良さなどよりも感情のコントロールができることかもしれません。恋愛という近しい人間関係だからこそ、むき出しの感情やエゴが出てくることがあります。
そんな時、それをうまくコントロールしつつ、相手を思いやる精神的余裕があると、お互いにとって居心地のいい関係を築きやすくなるのです。嫌なことがあるとすぐ顔に出てしまうというのは、愛され女子に相応しくありません。

5. いつも彼の意見に同意して、自分の考えや意見を持たない

彼のことをいつも尊敬のまなざしで見つめ、どんなことにも「そうよね」と同意する彼女。でも、なんでも無条件に賛成し、自分の考えや意見を持たないような女子は「一緒にいても張り合いがない」と思われがちです。
恋人だからといって、全て意見が合うなんてほうがむしろ不自然。下手に相手に合わせようとするより、もっと自分を出して本当のあなたを好きになってもらいましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):Surprising things guys find unattractive

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。