彼との会話で絶対やってはいけない5つのルール

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Akkiy-na

Written by:

2018.05.10.Thu

彼と話をしているときに、会話が弾まなかったり、返事が返ってこない経験ってありませんか? それは、彼を怒らせてしまっているのかもしれません。そこで本日は「彼との会話で絶対やってはいけない5つのルール」をご紹介します。
当てはまる項目がないか、チェックしてみてくださいね。

1. 否定・説教

彼の話を、評価するような目線で聞いていることはありませんか? 自分と意見が違うことを否定したり、気がついたら説教を始めていた……という場合、彼は話すことすらもやめてしまうでしょう。
「この人にはわかってもらえない」「話しても仕方がない」「人格を否定された」と感じてしまう可能性も……。まずは一度話を受け入れ、肯定することです。彼の話を「そうなんだね」と受け入れたら、彼は自分のことを受け入れてもらえたと感じます。
そして、「素晴らしいね」などと肯定してあげることです。その後、自分が感じたことや思っていることを伝えると、相手も聞く耳を持ってくれやすいことでしょう。

2. 自分の話ばかり

彼の話を聞かず、自分の話を一方的にしていませんか? 話している本人は気持ちが良いのですが、話題によっては愚痴や自慢話に聞こえてしまう可能性もあります。そうならないためにも、彼に質問することを意識しましょう。
質問をするということは、相手に興味を持っている証拠。質問された相手はうれしく思うものです。彼の喜ぶ顔を思い浮かべて、彼に対しての質問を考えてみましょう。会話の幅も広がり、話も弾みやすくなります。

3. 会話の途中で割り込む

彼が話している最中に途中で割り込み、話を打ち切ってしまっていることはありませんか? これでは、自分の話を最後まで聞いてくれていないと彼に思われてしまいます。肝心な話や大切な相談もされにくくなってしまうので、特に注意が必要です。
そうならない対策として、相づちのレパートリーを増やしましょう。さまざまな反応をすることで、話を聞いてもらえていると感じ、相手は喜びが増します。今以上にお互いの会話を楽しむためにも、自分にぴったりの相づちを数個持っておくことをおすすめします。

4. リアクションが薄い

反応をしない、返事が遅い、相づちが適当……こんな対応していませんか? これでは彼も「僕の話がつまらないのかな……」と思ってしまうでしょう。そうならない対策は、彼の目を見て、リアクションをとるように意識すること。
適当な対応になっているときは、彼の目を見ていない可能性が高いです。まずはきちんと彼の目をみて、聞いている姿勢を伝えることです。さらに、リアクションをすることで言葉に感情が乗ります。
例えば、ただ「すごいね」というよりも「すごい!」という表情とともに言葉を伝えると、その思いが相手に伝わりやすくなるのです。騙されたと思って一度試してみてくださいね。

5. ほかの事をしている

携帯を見ながら、雑誌を読みながら彼の話を聞くことをしていませんか? ながら作業は、話を聞くことが「ついで」になっている場合がほとんどですよね。彼の話を聞くときは、ほかの事をせずに彼の話を真摯に聞くことに徹底しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Akkiy-na

おなかヨガ・セラピストライター
「丁寧な暮らし」を送ることが私のライフスタイル。
ココロとカラダの五感を通して穏やかな毎日を過ごすことが私の幸せ。
現在は、「おなかヨガ」・「こころのヨガ瞑想」・「気づきのセラピー」・「女性が心穏やかに喜びと共に過ごす」方法を言葉にしてお届する執筆活動中。
活動できるあたたかい場所と読者のあなたに感謝と幸せの祈りを込めて……!     好きなこと 瞑想・人生哲学・読書・旅     ブログ:http://ameblo.jp/5303653036/