付き合うと大変! 何事にも「ケジメをつけられない男」の見分け方3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
並木まき

Written by:

2018.05.17.Thu

何事にも“ケジメ”をつけられない男子とのお付き合いは、女子にとって苦労の連続……。付き合ってから「こんな人だとは、思わなかった!」と、後悔してしまう女子も少なくないのではないでしょうか。
男子の本性って、交際前にはなかなかわからないけれど、ケジメをつけられない男子には、ちょっとした共通点も。
そこで今回は、何事にもケジメをつけられない男にありがちな共通点を3つご紹介します。

1. 時間にルーズ

時間にルーズな男子は、何事にもケジメをつけるのが苦手。「このくらいなら遅刻しても平気だろう」とか「少し遅れたくらいなら、相手だって許してくれるだろう」といった他人への“甘え”が「時間にルーズ」という態度に表れています。
時間だけでなく、他の物事にもズルズルとしてしまうタイプかも。まだ交際にも至っていない段階のデートで遅れてきて平然としていたり、グループで遊ぶ際にいつも遅刻してきたりする男子は、あらかじめ警戒しておいて損はありません。

2. 小さな約束を平気で破る

大きな約束を破ってしまえば、人間関係には一発で亀裂が入ります。しかし、破られたのが小さな約束であれば「まぁ、いいか」「今度からは気をつけてね」などと伝えつつも、結局許してしまう人も多いですよね。
どうせ許してもらえるからと、小さな約束をたびたび破ってしまう男子は物事にケジメがつけられないタイプ。何事もきちんとしている人は、小さな約束であってもしっかり守ります。
根がルーズな男子ほど、自分で勝手に物事の優劣をつけて「このくらいなら、許されるはず!」と、いろんなことにもズルズルしやすいでしょう。

3. 誰にでも優しい

優しい男子はモテますが、誰にでも同じように優しくしているタイプの男子には“八方美人”も多いです。いい人そうに見えますが、物事に対してケジメをつけられないだけなのかも。「みんなにいい顔をしたい」という性分が災いし、「あちらを立てれば、こちらが立たない」となってしまうことも多いでしょう。
はたから見れば、ケジメをつけられずにズルズルしているだけだったり。男女関係の“ケジメ”をつけられない男子は、女性関係でトラブルを起こしがちです。

交際してみたら、ズルズルと元カノと連絡をとっていたり彼女に隠れて遊んでいたり……。“ケジメ”がつけられない男子との交際は、女子にとっては不安だらけ。
「ケジメをつけられない」のは本人の性格が大きく関係しているケースも多々あるので、お付き合いをする前に「ひょっとして……?」と感じる部分があるならば、慎重に観察しておいて損はありません!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

並木まき

一般社団法人時短美容協会代表理事。前職は市議会議員。28歳から市議会議員(無所属)を8年間務め、結婚を機に政治家を引退しました。現在は出版社や企業のオウンドメディアを中心に恋愛・結婚・美容・食・不動産に関する連載を多数執筆中。「美人すぎる市議」としてメディアに出演した経緯から時短美容家としての活動を開始し、雑誌企画の監修やPRにも携わっています。犬・ヨガ・海が好き。
公式サイト:http://makinamiki.com
ブログ:http://ameblo.jp/maki-namiki
Twitter:https://twitter.com/namikimaki
Facebookページ:https://www.facebook.com/namikimaki.ichikawa/
Instagram:https://www.instagram.com/picmaki/
VALU:https://valu.is/makinamiki