この恋愛、結婚につながるの? なかなかプロポーズしない男性の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2018.05.01.Tue

交際歴がある程度長いのに、なかなか彼から「結婚したいな」という雰囲気や「結婚についての話」が全く出ない……なんて悩みを抱えている方、意外と多いのではないのでしょうか?
あなたが彼と早く結婚したいという思いがあるならば「結婚するのか、しないのか」を見極めたい気持ちが出てきてしまいますよね。
今回は、交際していても「なかなかプロポーズしない男性の特徴」と、最後の章にアドバイスをご紹介しています。ぜひご覧ください!

なかなかプロポーズしない男性の特徴

自分ひとりの時間を大事にする男性

自分の時間を大事にしたい男性は、とにかく自分の生活リズムから習慣、世界観まで、完璧に決まってしまっている人が多いです。このタイプの男性は、自分の生活リズムから、一日のペース、生活スタイルまで、自分が良しとする意見を乱されることを極端に嫌います。
他人と長い年月を共に過ごすことに抵抗を感じる男性も少なくはないでしょう。結婚を切り出すタイミングも、自分のペース。
例えば、ライフプランや会社での働き方(役職などがつく)がある程度整ってから……というケースが多いでしょう。

多くの女性と遊びたい傾向がある男性

「あ、この店元カノと来たわ」「同僚に朝までキャバクラに付き合わされてさ……」「ごめん、どうしても行きたい(クラブやライブなどの)イベントがはいって、デート行けなくなった」などの発言や怪しい行動があったら、多くの女性と、または自由気ままに遊べる女友達や友人たちと戯れていたいタイプです。
女好きな男子は、とにかく男女問わず交際好き。そのため、心のどこかで一人に絞ることができず、プロポーズに時間がかかるのです。

大きい夢や目標を持っている男性

「大物ミュージシャンになりたい」「会社のトップにまでのぼりつめたい」「有名な芸人になって成功をおさめたい――」一見すると大きな夢を持っていてカッコイイ男性に見えがちですが、このタイプの男性もなかなかプロポーズをしてくれない男性のカテゴリに入ってしまいます。
大成するには、それ相応の時間と努力が必要。早くに結婚して早くに社会成功を収める人もいると思いますが、大抵の人はそうは行きませんね。
それゆえに、デートの時間を彼の仕事時間にあてられたり、長い時間、彼と一緒に過ごせなかったり。全てが彼中心で、プロポーズをする、しないの問題どころではありませんね。
「彼の仕事が成功するまで独身で添い遂げる!」という強い覚悟が必要になってくるかもしれません。

自分に自信がない男性

「家庭を持つ自信がない」「子どもを育てる自信がない」「家を購入する自信がない」――この「自信」がない男性が今、急増中です! そもそも結婚をすると家庭という社会で暮らすことになり、子どもができたりマイホームの購入などなど、人生の一大イベントが一気にやってくるわけです。
そこに、もともと自分に自信のない男性が、一家の主になろうなんてこと、考えると思いますか?
「あ、この人自分に自信がないんだろうな」と、彼のそばにいて感じたことのある人は、プロポーズの言葉がやってくるのは遅いと判断して良いと言えるかもしれません。

まだ結婚について考えた経験がない

あなたの彼は、「子どもってカワイイよな!」「あ、あそこのチャペルで結婚式してるよ! 見てみて!」「俺の親友、結婚決めたってさ」といった言葉を発したことはありますか? もし一度もないのなら、彼の頭の中には「結婚」という文字がスっパ抜けているのかもしれません!
結婚を一度でも考えたことのある人間なら、自然とそういったキーワードは出てくるハズ……。アラサー女性と交際しておきながら、「まだ結婚に関して考えたことがない」と言う男性だった場合、プロポーズの言葉を待つことをやめて、あなたにふさわしい別の男性を探した方が良いかもしれません。

プロポーズが遅くても逆プロポーズがある!?

なかなかプロポーズをしない男性の特徴をご紹介してきました。悶々としている女性のみなさん、思い切って「逆プロポーズ」という方法をとってみてはいかがでしょうか。今の時代、何が何でも「男性がプロポーズする!」という状況ばかりではないと思います。
もし、今交際している彼が、一生一緒にいたい相手ならばぜひ、逆プロポーズをしてみましょう。そう、大事なあなたの時間を無駄にしないためにも……です!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

根本 一凛(Nemoto Ichica)

主婦ライター。大学生時代からライター業を始める。OL時代は、アパレルブランドプレスやジュエリーブランド・化粧品会社・金融関連会社など様々な会社でPR広報担当を務める。OLの傍ら、雑誌やwebにて執筆業を始め、主婦になり本格的にwebライターの活動を開始。社会経験の多さから得た知識、特にファッション・美容・恋愛コミュニケーション術・メンタルヘルス・出産育児関連と、幅広くライティングに取り組んでいる。Twitter:ICHICA @ns_ichica