彼とのデート中に「愛されてる!」と幸せ気分になっちゃう瞬間5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2018.04.22.Sun

デート中に、彼のさりげない言動から「なんか、愛されてるな~!」と幸せな気分になれることもありますよね? 女性たちが「キュン」としてしまう彼からの言動とは、どんなものなのでしょうか。
今回は女性たちに聞いた「デート中に幸せ気分になれる瞬間」をご紹介します!

デート中に「愛されてる!」と幸せ気分になっちゃう瞬間

1. 歩調を合わせたりエスコートしてくれる

一緒に歩いているときに、さりげなく彼女の歩幅や歩調に合わせて「ゆっくり」歩いてくれたり、さりげなく歩道側を歩くようにエスコートされたときに「愛されている気がする!」と、幸せ気分になってしまうという声も!
じんわりと、彼のやさしさを感じる瞬間のようです。

「一緒に歩いているときに、なにげなく歩調を合わせてゆっくり歩いてくれていることに気づいたとき。あと、さりげなく歩道側を歩くようにエスコートしてくれたりするのも、ベタだけど『大事にされた!』って感じ、しませんか?」(28歳・ネイリスト)

▽ あれ? いつもよりゆっくり歩いてくれている? そんな瞬間に幸せな気持ちになることも!

2. 頭をポンポンとなでられる

話をしているときに、彼がさりげなく「頭をなでてくれる」。そんな言動にも「愛情」を感じて幸せな気持ちになれるという声が目立ちました。やさしく、ポンポンと頭をなでられると「可愛がられている感じ」がしてうれしくなるのかもしれませんよね!

「よしよし、って頭をなでてくれるとき! なんか、めちゃくちゃ可愛がられた気分になってしまう。ありがちな言動かもしれないけど、ドキッとしますよね」(29歳・メーカー勤務)

▽ やさしくなでられて、うれしそうにウットリする「猫の気持ち」が分かるという声もありました。

3. 人目を気にしながらキスされる

デート中に、人目がない場所でこっそりキスをしてくれる。そんな瞬間も愛情を感じて、幸せな気持ちになれるという声も。「見られちゃうかもしれないのに、キスしたくなるほど愛されているってこと?」ってドキドキ感も味わえそうですよね。

「エレベーターで二人きりになったときに、チュッてキスされたりすると幸せ! 誰かに見られちゃうかもしれないのに、キスしたかったっていう気持ちがうれしい」(27歳・アパレル関連)

▽ ストレートに愛情が伝わる表現ですよね。二人きりになろうとしてくるところも愛され感がありそう!

4. 「好きだよ」と言葉にしてくれる

デート中に「好きだよ」とはっきり言葉にしてくれると「絶対うれしい」という声も! 言動だけでは伝わらないことだってあるので、やっぱり言葉にしてもらえると「一番幸せ」なのかも? 彼が愛の言葉を口に出してくれるのも、幸せな瞬間ですよね。

「口下手な彼が、デートで『大好きだよ』とか言ってくれると、めっちゃテンションが上がって幸せな気持ちになれる! やっぱり言葉で聞きたいですよね」(28歳・美容関連)

▽ 男性のみなさま、たまには「好き」と言葉で伝えて彼女を幸せな気持ちにしてあげてください……!

5. 別れ際に「名残惜しそう」にされる

デートの別れ際、バイバイするときに「彼女が見えなくなるまで見送っている」「名残惜しそうに抱きしめられる」そんな言動に、愛されているな~とじんわり幸せな気持ちになることも? まだ一緒にいたいと思う彼の気持ちが伝わって、うれしくなりそう!

「またねってバイバイするときに、こっそり振り返ってみたら、見えなくなるまで私のことを見送ってくれていることが分かって、なんか胸がじんわりと熱くなりました!」(31歳・メーカー勤務)

▽ 彼からの愛情がじわじわ伝わる「名残惜しそうな言動」。今バイバイしたばっかりなのに、またすぐに会いたくなってしまいそうですよね。

デート中はうれしい瞬間がたくさんありますが、こんな言動をされたら「愛されてる!」と心から幸せな気持ちになれそうですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net