年齢とともに変化した恋愛観あるある4つ【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2018.04.21.Sat

年を重ねるごとにワインの味がどんどん良くなっていくように、私達の恋愛も年とともに熟成されていっていると思いたいところ。まだ結婚についてもそれほど考えていなかった20代前半にくらべて、30代に突入するころの恋愛は、生涯のパートナーとしてふさわしいかどうかという目線でも相手を見るように変わっていきますよね。
今回はそんな、年齢とともに変化した恋愛観あるあるをまとめてみました。

年齢とともに変化した恋愛観

身長差なんてどうでも良くなった

若い頃は2人が一緒に歩いているときの見た目を気にすることも多く、彼氏があなたよりも身長が低かったら嫌だ……なんて思っていた人も多いハズ。身長が同じくらいの彼の場合、デートの時にはヒールの靴をはかないように気をつけていたなんてことも。
でも、身長なんてその人物のキャラクターになんの悪影響を与えているわけでもなく、それほど重要なポイントではないということに気づくんですよね。

相手の過去の恋愛がそれほど気にならなくなった

彼氏の元彼女達にやきもちを焼いた経験があるという方も多いでしょう。若い頃はお互いに恋愛経験の数が少ないので、あなたと出会う前に、彼が他の女の子とあなたのやったことのない経験をしてきたという事実が気に入らず、やきもちをやいてしまうこともありました。
しかし年齢を重ねると、お互いがそれなりに恋愛経験を積んでいるので、過去の恋愛に対してもそれほど気にならなくなるもの。過去の恋愛のことなんて、聞いてもいい気分にはならないということも、これまでの恋愛の中で学んできましたからね。

喧嘩の内容が進化した

若い頃の恋人との喧嘩の内容といえば、嫉妬や愛情表現がたりないとか、メールの返信をしてくれないとか、そういった小さなことで破局と復縁を繰り返したりしていたもの。
でも、年齢が上になるにつれて、喧嘩の内容が人生プランに関わるものも多くなってくるのです。例えば、結婚の話だったり、貯蓄の話だったり、一度喧嘩になると埋められない溝ができるような、重大な内容に発展しはじめるんですよね。

将来についてが妄想ではなくなった

「10年後には結婚して大きな家を買って、犬2匹と子どもたちと一緒に楽しく暮らそうね」なんて恋人といちゃいちゃしながら将来の妄想を語り合ったことも、若い頃にはありましたよね。
しかし、これが30代も近くなってくると、将来の話が妄想ではなくリアルなものに。2人の未来の話って、以前はふわふわした楽しい話だったのに、今では2人の未来の話になると気まずい雰囲気になったり、最悪な場合には大喧嘩に発展することもしばしば。
妄想を楽しんでいたころは、2人の意見が食い違うことなんてなかったのに、リアル化した今では意見が食い違いまくるのです。

▽ 参考記事(海外サイト):11 Ways Relationships Change Between Your 20s and 30s

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。