会うのが面倒…。倦怠期をうまく乗り切る6つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2018.04.17.Tue

どんなに付き合い始めの頃にラブラブでも、必ず訪れてしまう倦怠期……。避けられるものならそうしたいですが、「連絡を取りたくない」「会うのが面倒」なんて思ってしまう日はやってきてしまいますよね。
一時のことだと分かっていても、別れようか悩みたくなる恐ろしい時期ですが、世のカップルはどのようにして乗り越えているのでしょうか? 今回は、倦怠期を上手に乗り切る方法を6つご紹介します!

倦怠期をうまく乗り切る方法

連絡をとりたくなければとらない!

無理して連絡をとろうとすると、どんどんストレスが溜まってしまいます。彼に対して冷たい態度をとってしまったり、不必要な言葉で傷つけてしまうことも。それで2人の関係が悪い方向に進んでしまうなら、無理をして連絡をとる必要はありません。しばらくゆっくり過ごしてみましょう。

1人の時間を楽しむ

彼と会っていた時間を自分の時間にあてて、1人の時間をゆっくり楽しむことも大切です。リフレッシュとリラックスを兼ねて、今までできなかったこともこれを機にやってみましょう。満足した頃には、倦怠期も過ぎて、また彼との時間を楽しめるくらい心に余裕も生まれるはず……!

友達と会う日を増やしてみる

1人ですることがないという方は、友達に愚痴を聞いてもらったり、1人では行きにくい場所やオシャレなカフェなどに誘って、ストレスを発散するのもいいですね。彼と一緒にいる時とはまた違った楽しさがありますし、友達の大切さも改めて実感できます。
時にはハメを外して楽しむのもいいかもしれません。

趣味に没頭する

仕事をして彼と会う時間も確保して……という日々を続けていると、気づけば「趣味に没頭する時間がない」なんてことに。こういう時こそ、趣味を再開すると結構ハマって楽しくなるものです。
「彼とも一緒にできそう!」と思える趣味を新たに開拓しておけば、2人で楽しめるものが増えていいですよね。

彼にはそれとなく倦怠期であることを伝えておく

突然連絡が少なくなったり、会う時間を減らされると、彼は不安な気持ちに襲われます。倦怠期はお互いが同じ時期に訪れることもありますが、バラバラに訪れることが多いですよね。そのため「嫌いになったわけじゃない」ということを伝えて、倦怠期であることも同時に言っておきましょう。
彼はショックを受けるかもしれませんが、わけも分からず避けられている方がつらいはず。「しばらく待っていてほしい」と言えば、彼も安心してくれます。

ストレスを溜めないことが何より大切!

倦怠期というだけでも気持ちが重くなるのに、そこにストレスで負荷をかけてしまっては精神的に追い込まれてしまいます。ストレスを溜めずにストレスを発散する方向で日々を過ごせば、倦怠期はあっという間に過ぎていってくれます。
自分がやりたいこと、自分の好きなことを思い浮かべて日々を過ごしてみてくださいね。

まとめ

リフレッシュを目的として動くことが大切ではありますが、他の男性と会って彼に誤解を与えてしまったり、放ったらかしにしすぎてしまうなど、彼を傷つけてしまう行動は避けましょう。あくまでも倦怠期を乗り越えるためのものなので、彼のことを大事にしつつ、自分自身のストレス発散も忘れないようにしてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/