あなたのせいじゃないかも! 男子が恋愛モードになってくれない理由4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.04.17.Tue

自分は真剣に恋愛をしたいと思っているのに、彼のほうはなんだかまだ恋愛モードになっていない……なんてことはありませんか。
女性はアラサー世代にもなると、結婚や出産のことを考えて慎重にパートナー選びをするのに、同年代でも男性ではまだまだ落ち着こうとしない人も多くいます。なぜ、彼らは恋愛に本腰を入れないのでしょうか?

男子が恋愛に本腰を入れない理由

1. 仕事、趣味、飲み仲間、恋愛より大事なものがあるので、優先順位が下がる

仕事も趣味も充実していて、やりがいを感じているという社会人男性ほど、恋愛最優先というわけにはいかなくなるようです。仕事では認められたい、趣味をとことん追求したい、男友だちと飲み歩くのが一番楽しい、そんなふうに恋愛以外に心を占めていることがたくさんあると、恋愛の優先順位も必然的に下がります。
そうはいっても、心にも時間にも余裕が生まれ、タイミングが揃えば、きちんと恋愛と向き合うことができる人が大半だと考えられます。

2. 自分に自信がついてきて、やや遅い”モテ期”が到来していると勘違いしている

女性は若い時ほどもてはやされるのに比べ、男性はむしろ年齢が上がるほうが異性からモテやすくなります。学生時代や若い時はいまいちパッとしなかった人が、アラサー世代になって年下の女子から「○○さん、ステキ!」なんて言われるようになると「自分はモテる!」と勘違いしやすくなるのです。
やや遅めとはいえ”モテ期”到来と浮かれているため、ひとりの相手とじっくり向き合おうという気持ちにはなりにくいのでしょう。

3. 経済的に余裕がなく、恋愛を楽しもうという意欲すらわかない

とっても世知辛い理由なのですが、恋愛をしようにもお金がないという身も蓋もない理由で、恋愛から遠ざかっている男子もいるのです。たしかに、デート代などはお金のかかるものだし、男性としては「自分がデート代を出さなきゃいけない」というプレッシャーを感じることも多いでしょう。
恋愛では、自分に自信を持って堂々としているほうが魅力的なのに、お金がないために卑屈な考えになっていたら恋愛のチャンスも巡ってきません。

4. 恋愛そのものに興味も関心も持てないし、面倒なだけと思っている

けっこうイケメンだったり、物腰が柔らかくて女子からの人気も高いのに、なぜか反応が鈍いタイプの男性もいます。そんな彼らは、そもそも恋愛に興味も関心も薄く、恋人にあれこれ気を遣うのが面倒くさいと思っているのです。
女子からアプローチをしても、軽くかわされてしまうでしょう。こんなタイプが女子を一番やきもきさせるのですが、まずは一緒にいて疲れない、居心地のいい相手だと思ってもらえるよう頑張ってみましょう。

まとめ

せっかく気になる彼がいるのに、彼からの反応がイマイチ……なんて事態はつらいですよね。でも、彼らには彼らなりの事情があることをまずは受け入れましょう。それはけっしてあなたが悪いわけでも、魅力不足というわけでもないのです。
そう考えれば、いたずらに片思いに悩むこともないし、もっと気楽に恋愛をしてみようという気持ちにもなりませんか?

▽ 参考雑誌(海外雑誌):『Cosmopolitan』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。