婚活パーティーで「あ、この人ないわ」と思われる男性の行動

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2018.04.10.Tue

婚活をしていると、一度は足を運ぶチャンスが訪れる「婚活パーティー」。もちろん、会う男性はみなさん初対面です。既存の人間関係のしがらみがない場なので、より素の自分でいられるというメリットもありますね。だからこそ、ヘタな男性に引っかからないように男を見る目はしっかりともっておきたいもの。
今回は、婚活経験者が語る「出会ったらすぐに候補から外すべき男性」についてです。たしかに、こんな殿方は遠慮したいかも……。

意識高い系のカタカナの話を延々とする

「いわゆる意識高い系の男子とツーショットにされたときのこと。『俺の会社のキャップがイニシアチブ握りすぎでモチベーションが~』、『ベクトルが合わないんだよね~、ロジックがさ~』とか話していた。もう理解不能。かっこつけているつもりなのかな。会話が成立しないし、つまらないし最悪でした」(看護師/32才/女性)

▽ 出た~、意識高い系男子! 某CMの意識高すぎ男子高校生くんならば、まだかわいげがあるけれど、婚活の場で思いやりのないトークを展開する男性は招かれざる客でございます。自分の意識の高さをひけらかす男性は、即サヨナラしてよいでしょう。
言葉は相手とのコミュニケーションを助けるものであって、相手をおきざりにするためにあるものじゃないのよ!

酔ったらボディタッチをしてくる

「パーティーでお酒が入った途端、するっと肩に腕を回してきたり、太ももにてのひらを乗せてくる男性がいた。全身に毛虫がはうようなゾゾっとした感じがしてトイレに避難しました。調子に乗るんじゃないぞと思う」(保険/30才/女性)

▽ 婚活パーティーをキャバクラだと勘違いしている男性、チラホラといらっしゃいますよね。筆者も経験があります。こっちは真剣に相手探しをしているのに、失礼千万ですよ! 遠慮は不要! サクっと主催者につまみ出してもらいましょう!

自分の話(仕事の愚痴)をしまくる

「緊張しながらはじめて参加した会場でのこと。テーブルを囲んで男女6人くらいでお互いの近況を話していたら、一人の男性が『そういうのいいからさ~』と話をさえぎり、自分の話ばっかりし始めた。しかも仕事の愚痴。内容もわからないから相槌しか打てないし、苦痛でした。がんばってニコニコ聞いたけど、本当勘弁してほしいわ」(事務/27才/女性)

▽ それは最悪な男性にあたってしまいましたね……。自分の話しかしない男性は、まっさきに候補から外してよいですよ。相手にしなくても大丈夫。会場では暗黙の了解でそういう人からは人が離れていきます。ニコっと微笑んで場を離れちゃいましょう。
婚活パーティーは新しいコネクションを作るための場ですもの。場にそぐわぬ自己中心な人は淘汰あるのみ!

見切りの早さも婚活に必要なスキル

いかがでしたでしょうか? 婚活パーティーは、知人の紹介で会う合コンよりもスリリングですし、「○○さんの紹介だからしっかりしなくちゃ」という気兼ねもないので、ある意味自由な相手探しができたりしますよね。
でも、その分出会う人の数は増えますから「この人はアリかナシか」という判断を迅速にできるようにならないと、時間を無駄にしてしまうリスクがあります。あなたの直観で「ナシ」と思ったら、すぐに身を華麗にひるがえしてOK! どんどん次の出会いの場へ飛び立ちましょう! ご参考になりましたら幸いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/