恋愛を長続きさせるための必須スキル6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.04.07.Sat

恋をスタートさせるだけでも大変ですが、恋愛関係をキープするのはもっと難しいと思いませんか? 誰だって付き合っている相手とは長くハッピーに過ごしたいもの。
ふたりでいい関係を維持するための必須スキルとは何か、考えてみました!

恋愛を長続きさせるために

1. 喜びも悲しみも共有できる「共感力」

誰かの気持ちを思いやり、自分のことのように感じる“共感力”。最も親しい“恋人関係”にとって必要不可欠なスキルといっても良いでしょう。共感力が高いからこそ、喜びも悲しみも共に分かち合い、助け合うことができるのです。
常に相手のことを気にかけ、今何を感じ、どんな気持ちでいるのか……アンテナを張り巡らせることが肝心です。

2. “親しき中にも礼儀あり”だからこそ「気遣い」

あまりにも近しい間柄だからこそ、相手に甘えてしまったり、失礼な行動を平気でとってしまうことが私たちにはあります。だからこそ“親しき中にも礼儀あり”という言葉をいつも胸の片隅に覚えておくべき。
急に機嫌を悪くしたり、黙り込んでしまうなんて子どもっぽいアクションは極力ガマンして、分別のある大人らしい態度を忘れないようにしましょう。

3. 信頼できる頼もしいパートナーであるための「パートナーシップ」

長く付き合える恋人同士には、まるで親友か同志のような強い連帯感があります。他の誰よりも強い信頼感で結ばれており、互いに頼もしさを感じている……まさに“パートナー”という言葉がぴったりの間柄です。
付き合うことで、お互いの人生をより良くより豊かにできる。そんなパートナーシップを築いていくためには、常にふたりの関係を考え、ベストな道を探っていける好奇心とタフさが欠かせません!

4. “ありがとう”という「感謝の気持ち」

いつの間にか相手の存在が当たり前のようになり、感謝どころか疎ましさすら覚えてしまう……というようでは、恋愛関係は長続きしません。恋人としてそばにいてくれることにいつも感謝し、“ありがとう”という気持ちを持ち続けましょう。
記念日を特別に祝ったり、カードや手紙を相手に贈ることは、長続きするために大切なことといえますね。

5. つらい時や苦しい時を乗り越えるための「サポート力」

人生いい時もあれば悪い時もあります。調子のいい時は誰だって自信を持てるし、カッコつけられるものです。でも、調子が悪くて嫌なことが続くような時、あなたは恋人のことを親身にサポートすることができるでしょうか。
失業や病気など、自分の力ではどうしようもないリスクはいくらでもあります。そんなつらく大変な時こそ、支え合えるサポート力の真価が問われます。

6. ケンカをしたまま終わらせない「問題解決能力」

ケンカを全くしないカップルなんて恐らくいません。育った環境も個性も違うふたりなのだから、意見が合わなかったり、ケンカになったりするのは当然のこと。でも、大事なのはケンカをケンカで終わらせないことです。
ケンカをしたら原因を突き止め、ふたりで一緒に解決方法を探っていく。そんな努力ができるかどうかということが、本当は一番大事なはず。ケンカそのものにめげず、問題を解決していく能力を共に磨いていきましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):Psychologists Reveal 9 Important Skills to Save a Relationship

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。