破局の原因に! 喧嘩したときに超えてはいけない境界線 4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2018.04.02.Mon

カップルの間に喧嘩はつきもの。とはいえ、喧嘩がエスカレートして感情的になってしまうと、お互いを傷つけあってしまうことも……。お互いの傷が深ければ深いほど、元どおりの関係に戻るまで時間がかかってしまうものです。
また、喧嘩の際に放った、たった一言が良好な関係に終止符を打たせてしまうこともあります。今回はそんな悲惨な事態を避けるべく、喧嘩したときに超えてはいけない一線についてまとめてみました。

喧嘩したときに超えてはいけない境界線

物を投げるなどの暴力的な行為

いくら感情的になってしまったといはいえ、相手の体を押すなどの行為は暴力的な行為とみなされます。また、本気で相手に当てるつもりはないとはいえ、物を投げる行為もNG。それが本意ではなくとも、相手がケガをしてしまう可能性がないとは言い切れません。
怒りが極限に達し、感情のコントロールができない……と感じたら、その場を立ち去ることが必要。たとえ相手が悪くても、怒りだけをぶつけてしまうと状況が悪化するだけです。
お互いに冷静になれるまで一人になり、気持ちを落ち着けることが大切です。

パートナーの弱みを口にする

パートナーが弱みを含めて全てをさらけ出せるのは、あなたのことを信用している証。だからこそ、喧嘩の際にパートナーの弱みを持ち出すのは厳禁です。パートナーがあなただけに見せる弱みや秘密を持ち出し、相手を責めてしまえば、どんな素敵な関係を築いていても一瞬で信頼関係が崩れてしまうこともあります。
パートナーによっては、このような言動を裏切り行為ととらえてしまう可能性もあるので要注意。

パートナーの大切な人のことを悪く言う

怒りや悲しみに任せて、パートナーの家族や友人を責め立てるのもNG行為です。誰も自分の大切な人を悪く言われたらいい気持ちはしないもの。一方で、自分の意見や気持ちを相手に伝えることも大切です。パートナーの家族や友人への不満などのデリケートな問題は、感情的にならずに冷静に自分の意見を伝えましょう。
また、我慢ばかりして不満を溜め込んでいると、感情のコントロールが抑えられなくなってしまうこともあるので、過度の我慢は禁物です。

すぐに別れ話を持ち出す

喧嘩をする度に、「じゃあ、別れよう」では何も解決しません。このような発言は、別れへの恐怖心が強い人にみられる傾向があります。「相手が自分の元を去ってしまう前に、自分から去ってしまおう」という深層心理が働いていることも考えられます。
喧嘩の度に別れを切り出しても、建設的な恋人関係(もしくは夫婦関係)を築くことは不可能。まずはどうしたら問題を解決できるか、ポジティブに対応していくことが大切です。
本意ではなくとも、別れ話は二人の絆を危ういものにしてしまうこともあるので、軽々しく口にするのは卒業すべき。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!