ちょっと鬱陶しい! 痛い意識高い系男子がとる行動・台詞

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

意識高い系男子は、ちょっとだけ面倒くさい。たしかにアクティブに動く姿はかっこいいけど、方向性を間違えたままガツガツしているのは、鬱陶しい! 彼女ならまだしも、女友達に対してもアドバイスし始めたりする人もいて、かなり痛い……。そろそろ、彼らにも本物の「意識が高い人」を目指してほしいですよね。
今回は、痛い意識高い系男子がとる行動・台詞をご紹介します。

新聞を読んでいるアピール

意識高い系と本当に意識が高い人は別物です。意識高い系は“系”ですから、あくまでも演じているだけで、本物にはなれていません。仕事がデキることをアピールしてくる男性は、必ずといっていいほど新聞を読んでいることをアピールしてきます。「経済誌、読んでいるんだよね」「今日の朝刊の記事はさ」と、新聞を読んで得た情報をすごく語りたがるのです。
おそらく、こういった意識高い系男子は、電車の中でも新聞を読んで「俺ってどうよ」とアピールしているはず。しかも、よりによって新聞名が見えるように折っていたりもするから、かなり面倒くさい!
そもそも、本当に意識が高い人は電車では読まずに、自宅で読んできています。しかも、一紙ではなく数紙、目を通しているはずです。一紙読んでいるくらいで、新聞読んでいますアピールをしないでほしい!

「出会いが大事なんだよ」と説教

人生は、一期一会。出会いが大切なのは、意識高い系男子から言われなくても分かっていることです。ただ、自分が周囲の人とどう付き合おうと、彼からアドバイスされる必要はありません。私が知っている意識高い系男子A君は、会うたびにいつも「もっと積極的に交流しなよ!」「出会いは大切だよ」と一方的に語りたがりますが、みんながみんな人と群れたいと思っているとは限りません。
出会いが大切なのは、働いていれば誰もが分かっていること。本当に意識が高い人は、自分の価値観を他人に押し付けたりはしません。ましてや人に対して「説教」もしません。語りたがる、あるいは説教したがる男性は、あくまでも意識高い「系」だけであって、本物ではないのです。

流行のお店に行ってはインスタに投稿

意識高い系男子は、インスタグラムにも夢中。流行のお店に足を運んでは、女子のように写真におさめて、その場で投稿。毎回インスタグラムの更新をできる気力があるのは、素晴らしいことではあるものの、女子以上にトレンドに敏感なのも付き合ったらかなり面倒くさい!
食事をするとなるたびに、ネットで探してグルメぶられても、それはそれで迷惑でしょう。インスタグラムを見たときに、本物の意識高い人のインスタにはアート性があり、品性も見え隠れします。ところが意識高い系男子のインスタは、ただ流行を追っているだけ。女子以上に「インスタ映え」スポットに詳しいのも、意識高い系男子の特徴かもしれません。

意識が高いことは、本来、評価されていい部分です。しかし本当に意識が高い人は、もっと上を目指していて、小さなことを細々と報告したりはしません。
意識高い「系」男子よりも、本当に仕事がデキる、あるいは人間性の深い人をパートナーとして選んだ方がきっと幸せになれるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。