気をつけて! いつもセカンドにされる女子の3つの悪習慣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
沙慧

Written by:

2018.01.06.Sat

好きな人ができても「気づいたら、いつもセカンドにされています」というご相談をよくいただきます。
ご本人は、本命になれるような行動を心がけていても、男性から見ると「この子は、セカンドでいいや」と思われてしまっていることもあるので、気をつけなくてはなりません。そして、その行動には、ちょっとした習慣が関係していることもあります。
占い師目線で見た、いつもセカンドにされてしまう女子の3つの悪習慣をご紹介します。

1: なんでも合わせてしまう

男性に選ばれる女性になるには「居心地の良さ」も大切です。ところが、彼の居心地をよくしようと思いすぎてしまい、なんでも彼に合わせてしまう女性は、本命よりもセカンドに選ばれやすい傾向にあります。
彼のために「良かれ」としている努力が、彼にとって「都合がいい」という感触になっていた……というのは、比較的よくあるお話です。
男性からしてみると、確かに居心地はいいのですが「大事にしてあげたい」という気落ちが失われやすく、結果としてセカンドとして扱われやすくなるのです。

2: 自分の意見を言わない

「女性は黙って男性の後ろを歩く」が美徳とされていた時代もありますし、今でも、あまりにも自分の意見ばかり通そうとする女性は、男性から嫌われがちです。
しかし、まったく自分の意見を言わずに「なんでもいい」「わからない」といった言葉ばかり口にする女性も、男性から軽く見られてしまうことがあります。
まったく自分の意見をもたない女性に対しては、つまらなさを感じると同時に、自分が関係をコントロールできるような気持ちになってしまう男性も多く、結果としてセカンドとして扱われやすいのです。

3: 身なりに無頓着

見た目ばかりを気にしているのもよくないお話ではあるのですが、身なりに無頓着すぎる女性も、男性からセカンドにされやすい面があります。
きちんとした身なりの女性に対しては「軽く扱ってはならない」と思う男性が多い反面、身なりが雑な女性に対しては、無意識に「軽く扱って平気な相手」という認識になってしまうのも男性の心理です。
常に「身なりが完璧な女」でいる必要はないものの、あまりにも無頓着にしていると、男性たちから軽い扱いをされやすいのです。

本人はセカンドになるつもりなんてなくても、いつの間にか男性からセカンドにされてしまっている女性もいますが、その要因は“自分”にあることも多いのです。ちょっとした習慣を変えるだけで「男性からの扱いが変わった!」というご相談者様のお話はよく聞きます。
もし今、好きな人のセカンドにされてしまっていてなんとかその状況を変えたいと思っているのでしたら、まずはこんな悪習慣をしていないか、この機会に振り返ってみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

沙慧

タロット、ルノルマンなどカード占いを専門とし、チャネリングや霊視を加えて皆さまの心の霧が晴れるお手伝いをさせていただいています。
鑑定士歴12年。これまでに受けた鑑定件数は1万5,000件を超えております。
鑑定方法は、タロット・ルノルマン・送念・スピリチュアル・チャネリング・波動修正・遠隔ヒーリング・エネルギーワーク・オーラ・風水・西洋占星術をご相談内容に併せて組み合わせながら、使用しています。鑑定得意ジャンルは、相性・結婚・離婚・復縁・略奪愛・不倫・縁結び・同性愛・三角関係・金運・仕事・対人関係・家庭問題・運勢・開運方法・失せ物・待ち人です。
幼い頃よりそこに見えるはずのないものが見え、大人たちを困らせながら、これから起きることを予言したり幽体離脱を繰り返す子どもでおりました。成長するにつれ、自然とタロットを手に取り、老若男女を問わずに人生のご相談をいただくようになりました。
現在の状況や、これから起きることを、みなさまの未来がより素晴らしいものとなりますよう、心を込めて鑑定させていただいていて、仮に悪い結果が出た場合にも、未来を好転させるアドバイスをしています。