第一印象アップ! 初対面の男性に「好印象」を与えるポイント5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2017.12.29.Fri

初対面の男性に「好印象」を与えることができたら、恋につながる可能性もアップしますよね? 印象をよくするためには、どんなことを意識したらいいのでしょうか。今回は男性たちに聞いた「初対面で好感を持ってしまう女性」の特徴から、第一印象アップのポイントをご紹介します。

初対面の男性に「好印象」を与えるポイント5つ

1. 素敵な「笑顔」を意識する

笑顔があれば、基本は「好印象」という声も! 素敵な笑顔で挨拶されたら、それだけで「なんかいいな」と好感を持つ男性も少なくありません。笑顔が素敵だと「話しかけやすい」と親近感を持たれて、仲良くなれるチャンスも広がるかもしれませんよね。

「にっこり素敵な笑顔で挨拶されたら、その時点で『好印象』です! 笑顔だと、こっちも話しかけやすいし、もっと話してみたいな~と印象に残る」(29歳・会社員)

▽ 第一印象で「いいね」をゲットするには、素敵な笑顔に限ります! 最初の挨拶はとびきりの笑顔、がポイントになりそう。

2. すみませんではなく「ありがとう」

何かをしてもらったとき「すみません!」と受け答えするよりも「ありがとうございます!」の方が、明るい印象を持たれるという意見も目立ちました。恐縮して「すみません」といわれると、相手も恐縮してしまうもの? ありがとうなら、いわれた方もうれしくなりますよね。

「何かしてもらうときに『すみません!』が口癖になっていると、第一印象が悪くなりそう。いつも『ありがとうございます!』の方が、明るい感じだし、いわれた方もうれしいし。仲が深まりそうな気がする」(31歳・IT関連)

▽ つい「すみません!」「ごめんなさい」と口に出してしまうことも……。第一印象をアップするためには「ありがとう」で感謝の気持ちを伝えるべき?

3. 可愛い「失敗談」を話してみる

ちょっとした失敗エピソードを話すと「親近感がわく」という声も。成功エピソードだけでは「自慢?」と思われることもあるので、聞き手が笑えるような「可愛い失敗談」をすると、相手もかっこつける必要がなくなって「自然体でいられる」と居心地の良さを感じるそうです。

「自慢話よりも、ちょっとした可愛い失敗談をする方が仲良くなれる! 笑える話だと、こっちも等身大になれて、くだけた話ができる仲に。きどらない自然体な女性だと、素敵だな~と好印象です」(31歳・アパレル関連)

▽ 話が進んできたら、ちょっと可愛い失敗談で親近感をアップさせることも大切! 会話の引き出しの中に準備をしておくといいかも?

4. 彼の話は興味を持って聞く

仕事の自慢話など「ちょっとつまらない」と思っても、興味をしめして話を聞くことも大切。「それで?」「その後は?」など相づちを上手にうちながら、話を聞き出すと「話しやすい女性だな」と好印象になることも多いそうです。

「男って語りたがるやつが多いけど、そのときにちゃんと話を聞いてくれると『好印象』です! 興味がありそうな感じで相づちを打ってくれると、また話したくなる」(33歳・通信会社勤務)

▽ 相づちで質問をして、彼の話をさらに引き出す「聞き上手」になることもポイントに。

5. 好みのタイプは「曖昧」に答える

もし男性から「好みのタイプ」を聞かれたら、曖昧に答えると「好印象」に? 具体的に容姿や性格、年収などを答えると「自分にはチャンスがない」と引いてしまうことがあるそうです。曖昧に答えられたら「仲良くなれるかもしれない」と好感度アップにつながります!

「好みのタイプを聞いたときに『優しい人かな~』とか曖昧な答えだと『もしかしてチャンスがあるかも』と好意を抱きやすい。逆にめちゃくちゃ具体的すぎると、俺には無理だなってなる」(29歳・営業)

▽ 出会った男性にもし好みのタイプを聞かれたら、曖昧に答えて「好感」を上げておくと仲良くなれるかも!

第一印象がよくなれば、好感を持たれて「恋愛関係」につながる可能性も? もしその男性に気がなくても印象がよければ、他の男性を紹介されたり……と良縁を引き寄せるきっかけにもなりそうですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net