大丈夫、この恋は長続きする! そう思えるときの直感6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.12.25.Mon

せっかく手に入れた恋なのだから、なんとしても長続きさせたい。今回こそは結婚までこぎつけ、安定した関係を手に入れたい。そんなふうに思いませんか。今までの恋が全て短命に終わってきた人ほどそんな思いは強くなるようです。
ではどうすればこの恋は長続きすると確信が持てるのか、そんなときの直感をまとめてみました!

この恋は長続きすると確信するサイン

1: パートナーから常に刺激を受け、より良い自分になってゆける

彼の影響で今まで見なかったジャンルの映画を見るようになったり、新しいスポーツを一緒に始めたりするなど、相手から常に刺激を受け、人生をより楽しくエキサイティングなものにしてゆけると感じられたら、ふたりの関係はずっと長続きするでしょう。
互いにポジティブな影響を与え合い、高め合ってゆける関係はとても素敵です。

2: それぞれ自分の趣味や楽しむ世界があるので、恋愛依存に陥る心配がない

一時の恋愛感情に燃え上がって、お互いのことしか見えなくなっているというのは、かえって恋愛が短命に終わってしまいそうです。なぜなら相手に夢中になるのが早い分、気持ちが冷めるのも早くなりがちだから。
全てを恋人中心に考え恋愛依存になるより、それぞれ別の趣味や楽しむ世界があり、適度な距離感を保てるくらいのカップルのほうが安定した関係を築きやすいと言えるでしょう。

3: セックスはもちろん大事だけど、それだけの関係で終わらない

恋人同士としてセックスは欠かせない要素ですが、カップルとしてもっと大切なのは“この人といると安心するし、心地いい”という安心感や信頼感です。笑いのセンス、共通の価値観や理想像、相手に対するリスペクト、こうした精神レベルで深く結びついていてこそ、良好な関係で長く続けることができます。体の相性がいいから、ずーっと付き合えるというほど単純なものでもありません。

4: 意見が合わないときでも、きちんと話し合って自分の思いを伝えることができる

付き合っていても、相手の意見に賛成できないときや不満を感じたりしてしまうときってありますよね。そんなとき、イライラしたり、ケンカ腰になったりするのではなく、どうすれば自分の気持ちを相手に分かってもらえるか、ちゃんと努力することも大切です。
意見が合わなくても妥協点をさぐりあうコミュニケーションができるかどうか、というのがふたりの関係にとって試金石となります。

5: 自分の感情や気持ちばかりを押しつけず、相手の話や言いたいことをちゃんと聞ける

恋愛に限らず人間関係をスムーズにこなしてゆくための必須スキルが“聞く力”。自分の主張ばかり押しつけず、相手がどんな気持ちで何を話しているのか、よく聞いて、その言葉にならない領域まで思いやれる能力こそ、性格も個性も違う一人のパートナーと末永くいい関係を続けてゆく秘訣です。

6: 互いの夢や目標に向かって、助け合い、サポートし合えると感じる

起業、留学、海外移住などなど、もし相手が大きな夢や目標を抱いているとしたら、自分はそれを全力で応援しよう、サポートしようという気持ちになれるでしょうか。もちろんリスクもあるでしょうが、それ以上に挑戦することに価値があると感じ、面白いと思えるのなら、きっと答えはイエスです。
パートナーの成功を自分のことのように感じ、うれしく思えることは長続きするカップルの大きな特徴のひとつです。

▽ 参考記事(海外サイト):32 Signs Your Marriage Is Built to Last

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。