ココで決める! 2回目のデートでたっぷりアピールしたい4つのポイント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
大塚 ちえ

Written by:

2017.12.22.Fri

「2回目のデート」、実はこのデートが一番大事だと理解している人、意外と少ないかもしれません。しかし、2回目のデートは「はじめてのデート」と違ってお互いに緊張が少しほぐれつつあり、さらに「そろそろ告白しようかな」と思わせる3回目のデートにつながるデートなので非常に重要なポイントなのです。そこで今回は、大事な2回目のデートを成功させるためのアピールポイントをご紹介します。

待ち合わせでは笑顔でカレを迎えて

待ち合わせ場所にはちょっと早めに到着してカレを待つようにしてください。男性は時間にルーズな人を嫌う人が多いので、気合を入れて早起きしてくださいね。また、カレを待つ間、ずっとスマホを触っているのも遠くから見て感じが悪いので要注意です。連絡を待つためにスマホを手に持ちつつ、キョロキョロしている姿に思わずキュンとする男子多数。待ち合わせ時間くらいはスマホばかり見ていないで、顔を上げて待っているようにしましょう。
そして、カレを見つけたらぱっと花が咲くような笑顔で出迎えてください。自分を見つけて笑顔になってくれるというのは意外にうれしいものですよ。

食事について訊かれたら協力的な姿勢を見せて

男性がデートで一番悩むポイントと言っても過言でないのが食事の場所です。「何が食べたい?」と聞かれて、一番NGな答えは「なんでもいい」です。もし本当に思いつかないで「なんでもいい」と答えるのであれば、どんなお店に連れて行かれても文句はナシです。
自分だけでは決められないなら、「私は中華があまり得意じゃないんだ」とニガテなものを伝えるだけでもOK。選択肢が絞られますよね。それでも迷うようなら、「お昼ご飯なに食べた?」と相手の食べたものと極力かぶらないように選択肢を絞るような質問を。会話もスムーズに流れますし、相手を気遣う姿勢も見えますよね。

お金についてはきっちり割り勘で

デート代くらいおごってほしい、という女性もいるかもしれませんが、今後のことも考えるとお金は割り勘が無難です。最近はデート代を男性が負担するという文化も薄れつつありますし、初回のデートならまだしも、具体的な交際を意識させる2回目のデートでは割り勘でお金にしっかりした人、という印象を与えたいところ。
デート代の奢りは男性にとってかなり大きな痛手となります。もし相手の強い申し出でおごってもらったら笑顔で御礼を言って、「お茶代は出させてね」と付け足すだけでも大きく印象が違ってきます。

癒やし系女性は聞き上手

男性は交際相手に癒やしを求める生き物です。仕事で疲れた時、自分のことを理解してくれてそっと心に寄り添い、気持ちのこもった言葉で励ましてくれる女性こそ、そばにいてほしいと思うもの。カレが仕事の愚痴を言ってきたら、優しく相槌を打ちながら話を聞いてあげてください。表面的な言葉で励まさなくてもいいのです。黙って聞いて、最後にはカレの味方になってあげてください。説教は絶対NGです。

まとめ

2回目のデートは、次に繋がるデートでもありますし、交際するかどうか決める重要なポイントとなるデートでもあるのです。相手が具体的に「この人と交際したらどんな感じかな?」とイメージしながらデートに臨んでくることを頭に入れておいてください。相手が求めている「彼女」像を、こちらもイメージしながらデートに臨めるといいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

大塚 ちえ

都内で働く金融OL。仕事に家事に育児に貯金に、忙しい現代のはたらく女性を応援する記事を目指し日々精進中。