あの頃は若かった! 大人女子に聞いた「人生無駄にしたな」と思った恋愛

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2017.12.13.Wed

「あのとき、あんな恋愛に何年も費やしていなかったら、今ごろどうなっていたのだろう」――大人になってから若い頃の恋愛を思い出すと、苦い思い出ばかりが蘇ってくることってありますよね。
今なら、どんなに馬鹿げたことをしていたかよくわかるのに、若かった頃にはそれがまったくといっていいほど、気づけないのです。
今回は、オトナ女子が経験してきた「後悔している恋愛」についてご紹介します。経験のある方は思い出すと懐かしい反面、ちょっぴりほろ苦い気持ちになるかも? まだまだ若い女子のみなさまは参考にしてください。

こんな恋愛したら後悔間違いなし!?

1. すべて彼好みに染まった恋愛

「黒髪が好きだという彼のために、髪を染めるのを我慢していた。服装も、本当はカジュアルなのが好きなのに、彼の好みに合わせてガーリーなファッッションに変えたり。当時は嫌われたくなくて必死に合わせていたけど、別れたあとにすごく後悔した。ありのままの自分を愛してくれる人って必ずいるよ。若い時期に自分の好きな格好をできなかったことが残念……」(29歳/女性)

▽ 彼に嫌われないことがすべてだった恋愛。対等な関係を築けていないのだから、幸せになれるわけありませんよね。髪型やファッションで愛情が左右されるような男性は、あなたのことを愛していませんよ! 当たり前のことなのに、好きだからこそ見て見ぬフリをしてしまうのです。

2. いいように利用された恋愛

「何度も浮気されても、許してしまったこと。彼を許して尽くすことが愛だと思っていたし、そんな自分に酔っていたところもある。最終的には浮気相手に取られて終了。もっと早く別れればよかった」(32歳/女性)

▽ “許すこと=愛”というのは正しいですが、あなたを傷つける行為まで許してはいけません。ダメな男子に散々尽くし、捨てられた恋愛には後悔しか残りません。追いかけるだけの恋は、早めに終わらせることです。

3. 寂しいからという理由だけで付き合った恋愛

「一人でいるのが寂しいから、好きでもない男性と付き合ったこと。トキメキもなく、まったく楽しくなかった。フリーの時間を充実させたほうが、よっぽど自分のためになったと思う。資格の勉強や仕事を頑張ればよかったと、今になって感じる」(30歳/女性)

▽ 独り身の寂しさに耐えられず、好きでもない男性と付き合ったって余計虚しいだけです。相手の男性にも失礼なのでやめておきましょう。フリーのときしかできないことってたくさんあります。無理して恋愛するよりも、自分のためだけに時間を使ってください。

自分を大切にするということがどんなことなのか、そこをちゃんとわかっていないと、後悔するような恋愛ばかりしてしまいます。女子のみなさまは、恋をするなら愛される経験をたくさんしてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。