実際はドン引き? マンガでは胸キュンな強引すぎる男の言動5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2017.11.17.Fri

女性なら一度くらい「少女漫画」や「恋愛映画」に出てくる、ちょっと「強引な男性」に胸キュンした経験があるもの? 少しくらい強引にリードされたい……と思うかもしれませんが、実際にされると「ドン引き」してしまうこともありそう。
今回は、女性の意見をもとに「マンガやドラマでは胸キュンな男性の強引な言動」をまとめてみました。

現実はどうよ? マンガでは胸キュンな強引すぎる男の言動5選

1: 「明日は俺とデートだから」と勝手に決めてくる

付き合ってないのに、勝手に「明日、俺とデートだから」と強引に予定を決めてくる。なんか強引で男らしい……とマンガ内ではドキッとしちゃうかもしれません。「おしゃれしてこいよ」みたいな言い方にもキュン! でも現実にされたら「ヤバい奴」かも?

「ちょっと強引なイケメン男性が『あ、日曜日は俺とデートだから』と勝手に予定を決めてくるシーンとかドキッとするけど、現実にされたら絶対にドン引きしますよね(笑)」(29歳・営業)

▽ これは絶対、好きな相手限定ですよね。どうでもいい人に言われたら「恐怖」しかない……。

2: 「これ似合いそうだから」とプレゼントを渡す

恋人同士じゃないのに「これ、お前に似合いそうだから」と一方的にプレゼントを渡す強引な男性。「付き合ってないのに、私に似合うものを選ぶなんて……キュン!」なシーンですよね。自分のことを考えてくれたなんて、ドキドキしちゃいそう?

「少女漫画で付き合ってない男性から『ほら、これ似合いそうだから』とプレゼントをもらうシーンとか、憧れる! ちょっと強引に渡して『つけてやるよ』と身につけられたりするとドキドキ」(31歳・メーカー勤務)

▽ ちょっといいなと思っている男性(限定)でうれしい。「似合うと思って」と渡されるプレゼント。

3: デートのとき「俺についてきて」

デートだけど「ねえ、どこ行くの?」と聞いても「いいから、俺についてきて」としか言わずに、強引に行先を決める男性にも「リードしてくれて、素敵」と憧れることが? マンガ内では頼もしさや男らしさを感じる言動だけど、実際にされたら「自己中!」ってなりそう。

「デートの日に『俺についてきて』とか言って、行先を彼女に教えずに、素敵な場所に連れて行ってくれる強引な言動にドキッとしたり! でも実際にされたら『おい、勝手に決めるんかい!』ってなりますよね」(27歳・ネイリスト)

▽ 彼女が喜びそうな場所を事前にリサーチしてくれてる、ってところにはキュンとなるかもしれません!

4: 強引に腕や肩をぐっと引き寄せる

有無を言わさず、強引に肩や腕をぐいっと引き寄せる言動。「Sっぽい態度にキュン!」な女性も少なくないようです。強引に体を引き寄せて「もっと俺のそばにこいよ」みたいなセリフにドキッとしちゃうけど……。現実されたら「横暴な男」とゲンナリ?

「強引なイケメン男性にぐいっと体を引き寄せられて『もっとそばにこい』とか、ドキッとするシーンですよね!? でも実際にされたら、周りから白い目で見られること間違いなし(笑)」(28歳・美容師)

▽ 一見、草食系に見える男性が……ってギャップ萌えだと、かなりキュンとしちゃうはず!

5: 人前で急に引き寄せて「キス」する

映画やマンガのヒロイン気分になれそうな「人前での強引なキス」ですが。急にぐいっと引き寄せてキスされるなんて、いろんな意味でドキドキですよね。実際にされたことがある女性は……どう思うのでしょうか?

「少女漫画みたいな、人前でぐいっと引っ張られてキスするシチュエーションに憧れていたけど、実際にされたら『恥ずかしすぎて死にそう』だった(笑)。周囲からバカップルって思われたと思うと、今でも恥ずかしくなる」(31歳・飲食店勤務)

▽ うれしい気持ちもありつつ「いい大人が何してんの?」って冷めた気持ちにもなるそうな……。

マンガや映画では「強引な男性の言動」にドキドキすることも多いですよね! こんなシーンにちょっと憧れちゃう女性も少なくないかもしれません。とはいえ、あくまでも好きな人、限定ですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm