恋人とケンカしているときに絶対やってはいけないこと6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.11.03.Fri

どんなに大好きな彼でもケンカしてカーっと頭に血が上ってしまうと、普段では考えられないような行動をとってしまうことがあります。それが引き金となって、彼の気持ちが冷めてしまい、取り返しのつかないことになった……なんて事態は何としても避けたいですよね。そんなときに絶対やってはいけないことをまとめてみました。

1. 友だちや家族に愚痴やケンカについて話す

私たち女子って、彼とケンカして腹が立ったり、悲しくなったりしたとき、無性に誰かに話を聞いて欲しくなります。身近な友だちや家族には自分の精神状態を知っておいて欲しいし、気持ちを理解して欲しいと思うもの。でも彼からすると、一方的に“告げ口”された気分になったりするみたい。ふたりの間のケンカはふたりの間で解決するべきです。

2. ケンカとは関係ない過去を持ち出す

これも女子がやりがちなミス。ケンカしているうちに、「あのときもああだった、こうだった」と過去の経験や気持ちが芋づる式に蘇り、その不満を次々に彼にぶちまけようとします。でもそんな気持ちの流れが見えない彼からしたら、これには困惑するばかり。何を突拍子もないことを喋り出すんだと、思われるのがオチです。ケンカの際は、今現在問題となっていることだけに限定すること、過去に話が飛ぶのは大きなミスとなります。

3. 別れ話を持ち出す

ケンカのあまり感情が高ぶると「もうこんな人とは付き合えない、別れてやる!」という気分になることもありますよね。でもどんなにそう思っても、けっして口には出さないことです。彼の気持ちを深く傷つけることになるし、言葉にした瞬間ほんとうに別れに向かって一直線に話が進んでしまう場合もあります。ほとんどのケンカは、一時的なものだったり、ふたりで歩み寄れる余地があるはず。せっかくの仲を引き裂くような言葉をみずから口にする必要はありません。

4. ケンカの最中に家を出る

一緒に住んでいる場合、ケンカして険悪なムードに耐え切れず、どちらかが家を飛び出してゆくこともあるでしょう。でもそれは“あなたとは向き合えない”と相手をシャットアウトしているようなものです。頭を冷やすためなら、しばらく別室に移るだけで十分。そして冷静さを取り戻したら、またふたりで話し合ってケンカを解決すればいいのです。家を出てしまっては、話し合いのきっかけを逃してしまうばかりになるでしょう。

5. 同じ家にいるのに一緒に寝ない

ケンカしてすごく腹が立っていると、いつものように一緒に寝ることすら考えられない! という気分になることも。でもちょっと待って、そんなときこそ一緒にベッドに入り、スキンシップを図りながら、相手への愛情を再確認するべき。言葉にならない次元でのスキンシップは、心のモヤモヤも溶かしてくれます。相手のぬくもりを感じていると、ケンカの内容なんてバカバカしくてどうでもいい気になってきませんか?

6. SNSでケンカを逐一実況中継する

SNSというコミュニケーションツールがもはや自分の一部にもなっているような人ほど、恋人とのケンカという最もプライベートでデリケートなことまで、逐一世界中に向かって実況報告する衝動にかられるようです。でもそれで一時的に気分は晴れても、いずれ彼に見つかって、ただでさえ険悪なムードがますます悪化することに。結局いいことは一つもないので、止めておきましょう。

▽ 参考記事(海外サイト):7 Actions You Must Avoid When Fighting With a Loved One

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。