彼女にも高収入求む!? 彼女にしたい職種5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
mashu

Written by:

2017.10.21.Sat

女性が男性の理想の職業を語る場面はよくありますが、男性のほうは恋人にする女性の職業にこだわりがあるのか疑問なところ。どんな職種が彼女候補に上がりやすいのか気になりますよね。
今回は、男性が彼女にしたい職業5つをご紹介します。

1. ナース

・ 「大変な仕事を支えてあげたい。人の命をあずかって看護するなんて尊敬できる仕事だし、そういう仕事をしてる子と付き合えたら誇りに思える」(25歳/営業)

・ 「稼ぎがいいから結婚後も安定が望める。大きな声では言えないですけど、夜勤があるからたとえ一緒に住んでも1人の時間も確保できちゃうのも大きな魅力」(27歳/メーカー勤務)

▽ 病気の人を看護するという尊い仕事で、凛としたナース服姿も人気な看護師は、男性からの永遠のあこがれの職業。その仕事内容だけでなく、収入面でも生活面でも男性にとって都合が良いから選ばれるという裏事情も。
また、子どもの扱いや子どもの病気に慣れている小児科のナースは、より好印象なようです。

2. 幼稚園の先生

・ 「子どもたちを元気いっぱい相手してる姿がかわいいと思う。僕も幼稚園の時のかわいい先生のことは今でもよく覚えています」(26歳/自営業)

・ 「子どもに関する専門家だけに、結婚後も子育てをしっかりしてくれそう。まず子どもが好き、ピアノや歌が上手……というだけで好印象」(28歳/公務員)

▽ 幼稚園の先生など、保育関連の仕事に就いている女性も人気。保育の現場は夏は汗だくで日に焼けながら、冬はしもやけになりそうになりながら泣きわめく子どもたちを相手にする、決して華美な仕事ではありませんがとても女性らしい仕事ですよね。
また、なぜだかかわいい先生が多いのも男性ウケするポイントのようです。子どもは正直ですので、かわいい先生は自然と人気も出ますよね。

3. アパレル販売員

・ 「なんてったってアパレルで働いてるからには、オシャレでかわいい人が多い。ギャルっぽいお店の子よりも、ナチュラルでフワフワしたお店のほうが好き」(29歳/飲食店)

・ 「店頭でかわいい声で声だししている姿がたまらない!」(24歳/保険会社勤務)

▽ いつも洗練されたファッションやビジュアルを保っているアパレル販売員も、男性からはあこがれの的。店頭に立って接客するだけでなく、商品の検品など力仕事もこなすアパレル女子は意外と根性もあります。
また、派手すぎるファッションのブランドよりも、服のテイストやメイク、髪型もナチュラルな雰囲気のお店のスタッフのほうが男性からは人気があるようです。

4. 公務員

・ 「何より、安心・安定。休みも多いし合わせやすい。いつか脱サラするのが夢なんで、たとえ自分が不安定でも彼女がいれば大丈夫! と思ってしまう」(27歳/営業)

・ 「公務員の女の子は堅実でマジメ、彼女にしても奥さんにしてもグッド」(29歳/医療関係)

▽ ちょっと意外? に人気なのが、公務員女子。男性公務員はよく女性の結婚したい職業であがる鉄板職業ですが、最近の景気のせいか公務員女子は男性から見ても魅力的なよう。自分が不安定でも彼女が支えてくれる……! なんて甘めな考えを持って近づく男性も少なくありません。
しかし、公務員という狭き門をクリアした努力家・経済観念がしっかりしてそう……など、内面的なプラスの印象を数多く持っていることも確か。また、ハイスペックな男性は安定した公務員の女性をメインに婚活している場合も少なくないようです。

5. 栄養士

・ 「栄養たっぷりのおいしいごはんを作ってくれる彼女で、損はしない」(24歳/販売)

・ 「結婚した後も、自分だけじゃなくて子どものごはんも安心して任せられそう」(26歳/営業)

▽ 職場の栄養管理を任される栄養士女子は、自分の健康や家族の健康を守ってくれそう……というイメージがあるため、男性から人気があります。
現に料理が上手な栄養士女子が多いですよね。栄養士をしている女性のSNSはいつもおいしそうな手料理の写真で埋め尽くされています。

おわりに

今どき男子は女性らしさだけでなく、経済的にも精神的にも安定し自立した職業に就く女性を求める人が増えていることが分かりました。とはいえ、自分が好きになった人なら職業は関係ない! と思ってくれる男性が圧倒的に多いものですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

mashu

2歳差姉妹の母です。
アパレル業界から結婚を機にフリーライターへ転身。 妊娠中は出産のたびにキレイになれる方法、少しでも健康にお産をする方法などを日々研究し、産後の現在はいかに育児をうまく、かつ楽にこなせる方法を研究中。 子どもと手作りおやつを作ったり、子ども服をフランスやロンドンから個人輸入したりするのが趣味です。