恋人と別れようと決意した理由あるある5つ【第1弾】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2017.10.18.Wed

大好きだった彼と最近うまくいっていないというあなた。関係を修復しようと努力しても、相手が同じように努力してくれなければ2人の距離を縮めることは出来ませんよね。
そこで今回は今、彼とのこれからの関係に悩んでいるみなさんのために、好きだったけど彼との関係を終わりにしようと決意したみんなの理由を集めてみました。

彼が自分のスケジュールばかりを尊重していたから

彼の仕事が忙しいのは分かるけれど、こっちだっていろいろと予定を立てたいことってありますよね。
毎回デートには遅刻してくる、ドタキャンもしょっちゅうする、突然約束していなかったときに連絡してきてこちらに予定が入っていて会えないと機嫌が悪くなるなど、彼が自分のスケジュールばかりを尊重して、こちらのスケジュールを一切気にしてくれない場合には彼に時間を無駄にされることも多く、ライフスタイルに支障が出るからです。

彼の気を引こうといつも必死になるのに疲れたから

もともと連絡不精の彼や仕事が忙しくてなかなか相手にしてくれない彼の気を引くために、あの手この手を使ったことがあると言う人も多いのでは? 最初の頃は、その作戦が成功したりしなかったり一喜一憂するのもまだ楽しめたものの、だんだん気を引くゲームにも嫌気が差してくるのです。

彼のことが信用できなくなったから

彼とピタッと連絡をとることができなくなる期間があったり、小さいものではあるもののしばしば嘘をつかれるなんてことが重なるとだんだん彼のことが信用できなくなるもの。
一緒にいても常に疑ってしまうなんて疲れてしまうだけです。彼のことを信用しようとしても、それがなかなか出来ない、そんな状況に陥ったら、もう一緒にいる意味はないのです。

彼に対して恋愛感情がなくなってしまったから

一緒にいると安心はするものの、「好き」だなあという気持ちが恋愛的な要素ではなくなってしまうことがあるのです。
キスをしたりセックスをしたりすることに抵抗を感じ始めたときがそのサイン。マンネリ化しているだけという可能性もありますが、何か月もそういった関係が続いているのであれば、再び恋人関係に戻ることは難しいのです。

2人の関係について考えて泣いていることが増えたから

2人で一緒にいても、笑っていたり楽しいなと感じている時間よりも寂しいなと感じたり、1人で泣いたりしている時間の方が増えてしまったなんてことはありませんか? しかもその気持ちを彼に言えず1人耐え忍ぶ時間が増えていっているとなると、仕事やプライベートの別の部分にも間違いなく支障がでるもの。
恋愛は人生にうるおいを与えるものであって、自分を苦しめるためにあるのではないのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。