孤独感が増します…「周りが彼氏持ちばかりだとツラいなぁ」と思うこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2017.10.16.Mon

長いこと彼氏とラブラブ、そしてそのまま結婚という順調なカップルもいますが、大抵の女性は恋愛の酸いも甘いも経験しているはず。時には「彼氏が全然できなくて焦っている」なんてこともあるでしょう。
そこで今回は「『周りが彼氏持ちばかりだとツラいなぁ』と思うこと」についてご紹介します。

1. ノロケがグサッ…!

彼氏探しをしている時期に「ウチの○○君が~」「この前デートに行ったんだけどぉ~」ととにかくノロケばかりを聞かされると、余計にシングル感が増して切なくなってしまいますよね。だからといって「彼氏の話ばかりしないでよ!」なんて言おうものなら、ひがんでる認定されてしまいそうです。
みんなといるときは何とか笑ってやり過ごすけれど、家に帰って人知れず涙を流したことのある女性もきっといるでしょう。

2. 変に気を使われてしまう

ノロケばかりなのもツラいですが、まるで腫れ物のように扱われるのも居心地がよくありません。たとえば女子会ではシングルの自分に気を使って、周囲があからさまに彼氏の話をしないとか……。「そこまで徹底されると逆に傷付くわ!」と言いたくなってしまいます。
またその逆で「○○ちゃんはかわいいんだから、彼氏作ろうと思えばすぐできるでしょ!」というとってつけたようなフォローも、意外と悲しくなるんですよね。

3. 遊べる友達が減ってしまう

毎年クリスマスはシングル女子でパーティーをしていたのに、ひとりずつ彼氏をゲットしていき、最終的にひとりぼっちに。しかもイベントだけじゃなく、友人は休日も彼氏とデートなので一緒に遊べる仲間がいない……。おひとりさまの時間が増えていくことで、より寂しさが増してしまうこともあります。「みんなで『彼氏なんかいらない!』『女友達がいればそれでいい!』って言っていた頃が懐かしいなぁ……」と感傷に浸りたくなってしまうものです。

4. 出会い探しが大変

彼氏とラブラブなときに、合コンへ行こうと思う人は少ないはず。しかも街コンや相席屋も場合によっては2人1組じゃないと入れないことも。そのためひとりで出会いを探そうと思っても、必然的に行動範囲が制限されてしまいます。
遊べる女友達が減ってしまうことだけでも大ダメージなのに、さらに彼氏探しも困難となるとついつい「ぼっちツラい……」と嘆きたくなってしまうでしょう。

いつ光が差し込むかわからないシングル期間は、ツラいことがたくさん。でもシングルだからこそ自分と向き合えるのはもちろん、彼氏ができたときに「これからはこの人を大切にしよう!」との気持ちが強くなります。
いまを充実したものにできるかは自分次第。ツラいことや傷付くこともバネにして、幸せを探しに行きましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]