具体的に知りたい! 30歳からオトナの色気を出す方法5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2017.10.13.Fri

「あのコ、ホントに元気キャラでカワイイよね!」――この言葉に甘んじられるのは20代まで。実際、元気なキャラというのは、若さからくるパワーが原動力になっていたりするのです。やっぱり30歳からは、オトナの色気を出せるようになりたいものですよね。
しかし、“色気が出せない”からわざわざ元気キャラにシフトしていたというような人もいるかもしれません。さて、色気というのはどのようにすれば出せるものなのでしょうか?

意外と簡単に色気は出せる!

色気というのは、意外と簡単に出せるものなのです。「でも、誰でも出せるってわけじゃないんでしょ?」といぶかしげな顔をする人もいるかもしれませんが、大丈夫です! 色気を出すよう心がけるだけでOK。色気は人を選んだりはしないのです!

具体的に知りたい! 色気の出し方とは?

1) ゆっくりとしたテンポで話す

「早口で話すコには、色気というものは感じないよね!」(ドライバー/30歳/男性)

▽ 話すときに、少しゆっくりとしたテンポを意識するだけでしっとりとしたオトナの色気を出すことができるんですね! 口を開く前に一拍置くことを心がけるようにしましょう。

2) ひとつひとつの仕草を丁寧に行う

「手の動きがはやい女性は、セクシーではないと思いますね」(編集/28歳/男性)

▽ セクシーな女性は、どのようなときでもひとつひとつの仕草が丁寧なんです。少なくとも、男性はそのように感じているようです。できれば指先までしっかりと意識をしておくと、さらにセクシーさがアップします。

3) しっかりと背筋を伸ばす

「キレイに背筋が伸びている人って、クールだしセクシーだよね!」(美容師/30歳/男性)

▽ 背筋を伸ばして、しっかりと前を見つめる凛としたたたずまいは、まさに私たちが目指すべく“オトナの色気”そのもの! オトナの色気とは、クールさと共存しているものなのです。

4) 自分のセクシーパーツを見つける

「唇がセクシーな人もいるし、鎖骨らへんが色っぽい人もいるよね! やっぱり、色気は外見を磨くことだと思うな~」(トリマー/35歳/男性)

▽ まずは自分のチャームポイントを見つけましょう。見つかったら、そこをセクシーパーツに仕上げていきましょう。デコルテのリンパを流す、髪の毛のツヤをキープする、唇のケアを欠かさないなどの努力を忘れずに。セクシーはつくれるんです!

5) 一度に多くを語らない

「私生活が見えない人って、ドキドキする!」(フリーランス/26歳/男性)

▽ オトナの色気とは、ミステリアスさでもあるのです。いくら探ってみても計り知れないもの――人というのは、そういうものに魅力や色気を感じるものなのでしょう。

男性たちの意見を参考にして、オトナの色気の出し方をおさらいしました。さっそく実践にうつしてみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子