まずは自分が変われ! ダメンズにハマりやすい女性が見直すべきポイント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2017.10.07.Sat

「あ~私って男運ないなぁ……」「いつもダメンズに引っかかる」――そんな悩みを抱えるダメンズウォーカーたち。毎度ダメンズに引っかかるため、男性に求める理想は徐々に低下。次第に男性に期待もせず、どうせ男なんて……と諦めてしまいます。
しかし世の中にはダメンズではなく、素敵な男性もたくさんいます。ダメンズを変えるのではなく、自分が変わったほうが手っ取り早くいい恋愛ができるのです。それではどんな女性にダメンズは寄り付かないのでしょうか?

「察してほしい」と思わない

「今まで付き合ってきた彼には尽くしまくり! 不満がたまるたびに“察してくれたらな~”なんて思ってたけど察してもらえず。嫌だなって思ったことはその都度口にするようになったらダメンズにフラれた(笑)。でもそのおかげで今は私の話をちゃんと聞いてくれる素敵な彼氏と付き合ってる」(20代/医療関係)

▽ ダメンズにハマってしまう女性の多くは、彼に尽くしまくります。はじめのうちは彼に尽くすことを幸せに感じていますが、尽くすことが当り前になるにつれて徐々に不満がたまることに。
「それくらい自分でやってほしい」「もっとこうしてほしい」という不満が出てきますが、それらすべてを「察してくれるだろう」または「察してほしい」と思い、彼に自分の言葉で伝えようとしません。自分の気持ちを伝えずに不機嫌になる彼女に、ダメンズもうんざり。浮気に走ったり、デートを面倒くさがったりするようになるのです。

相手にとって「少し都合の悪い女」になってみる

「恋愛体質な私は、彼氏ができると彼のスケジュールに合わせて生活してしまっていました。会いたいときに会える彼女だったせいか、気づけば都合がいい女に……。考え方を変えて自分の生活を充実させたらダメンズに遭遇しなくなりました」(20代/営業事務)

▽ 「嫌われたらどうしよう」という不安によって、彼にとって都合のいい女になってしまう女性も立派なダメンズウォーカーです。彼に少しでも会いたくて彼の好みやスケジュールに全部合わせてしまう気持ちもわかりますが、自分を見失ってしまった女性はどんどん魅力がなくなってしまうもの。
ダメンズに引っかからない女性は、男性にとって「少し都合の悪い女」であることが多いです。自分の生活を充実させ、予定通りにいかない女性になりましょう。

自分はどうしたいのかを考える

「結婚すれば幸せ! と思っていたけど、ことごとく婚活がうまくいかない……! 男友達に相談したら“結婚して何がしたいの?”って言われて自分を振り返ることに。やりたい仕事や夢ができたらその男友達に告白されて今では大好き!」(20代/広告)

▽ 恋愛体質な女性はダメな男に引っかかりやすい傾向があります。恋愛をするやいなや、彼に依存してしまうため自分のやりたいことや未来を見失いがちになるからです。自分の人生は自分のもの。しっかりと自分でかじをとり、自立心をもつことで人は輝いていきます。「彼が結婚してくれない」と嘆くのではなく、彼がいなくても幸せな人生を歩めるよう自分を見つめ直しましょう。

素敵な恋愛をしたいと思うなら、相手を変えようとするよりも自分を変えるほうが大事。「ダメンズにひっかかりやすくて」と嘆くよりも前に、自分を見直しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]