人前では恥ずかしい? 彼にされると「照れちゃうエスコート」5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2017.10.05.Thu

彼にやさしくエスコートされたい! とお姫さま扱いに憧れる女性も少なくないはず。ですが、エスコート慣れしていないのに、急にレディーファーストなふるまいをされて「恥ずかしい!」と照れちゃうこともありますよね。今回は、人前で彼にされて「恥ずかしくなったエスコート」について女性の意見をまとめました!

恥ずかしい? 彼にされると「照れちゃうエスコート」5選

1. ベンチに座るとき、ハンカチを出す

公園などで「座ろうか~」とベンチに腰を落とそうとしたら「あ、まって!」と彼がハンカチを出して、広げる……。彼女のことを思ってのエスコートですが、汚れてもいい格好なのに、ちょっと恥ずかしかったという声もありました。

「デニムでカジュアルな格好なのに、ベンチに座ろうとしたらハンカチを広げてひいてくれたとき。周りの目がちょっと気になって恥ずかしくなりました。汚れたら困るワンピのときにされたらうれしいけど……」(31歳・メーカー勤務)

▽ なんかあの彼女「女王サマ気取りだよね」って目で見られてそうで恥ずかしくなりそう?

2. まったく重くないハンドバッグを持ちたがる

他に荷物もないし、明らかに軽いのに「持つよ」と小さなバッグを持とうとする。そんな彼のエスコートにも周りから「高飛車な女と思われそう」と恥ずかしくなってしまうことが!? ファッションアイテムなので、それは持たせてほしい……。

「全然重たくないのに『重たいでしょ? 俺が持つよ』とハンドバッグを奪われて恥ずかしかった。周りから高飛車と思われそうな気がして、落ち着かないです!」(29歳・ネイリスト)

▽ ファッションに合わせて持ってきたのに、彼に持たれたら台無しってこともありえます。

3. ラフなお店なのに、椅子を引かれる

ファミレスなのに、座るときに彼が椅子を引いてきて「ものすごく恥ずかしくなった」という声も! 場所に合わないエスコートは、周囲からの目も気になるから「やめて……」と顔を赤くしてしまいそうですよね。

「カジュアルなファミレスなのに、座るときにイスを引いてきて『え!? ここそういう場所じゃなくない!?』って。気持ちはうれしいけど、ものすごく恥ずかしくて赤面しました」(32歳・インテリア関連)

▽ 高級店ならものすごくうれしいエスコートですが、店の雰囲気に合わせてほしいところです。

4. 必死に先回りしてドアを開けてくれる

ドアをさっと開ける紳士的な行動は、うれしいけれど……。ドアの前になったら必死でダッシュして開けるような「不自然なドア開けエスコート」も恥ずかしくなるという声がありました。ドアの直前でサッと開けるような自然な感じならかっこいいのに……。

「ドアを先に開けようとして、今までとなりに歩いていたのに急に小走りになって、不自然なドア開けをされるとちょっと恥ずかしいです。周りからの目もあるので」(28歳・美容師)

▽ ドアを開けようとしてくれる気持ちはうれしい……けど不自然だと恥ずかしいですよね。

5. 運転席から降りて、助手席のドアを開ける

海外映画などでは「素敵なエスコート」ですが、ドライブ中にわざわざ運転席から降りて、助手席のドアを開けて……と実際にされると「こっぱずかしい」という声も! なんか時代錯誤というか、トレンディな行動に恥ずかしさを感じる女性もいます。

「サービスエリアに立ち寄るだけなのに、わざわざ運転席から降りて助手席のドアを開けられたことがあって『そういうの、ここでしないでよ!』って恥ずかしくなったことがあります」(31歳・アパレル勤務)

▽ 男に何でもしてもらう、バブリーな女とカン違いされそうで……恥ずかしいかも!

彼の気持ちはうれしいけれど、実際にされると「ちょっと恥ずかしくなる」エスコートたち。場所に合うエスコートはうれしいけれど、カジュアルな場所でされると「キザなカップル」と思われそうで赤面してしまいそうですよね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net