こうしてくすぐれ! 男のプライドを満足させる方法4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2017.09.27.Wed

モテ子の絶対条件といえば、皆さまはどのようなことを想像しますか? 絶世の美女? スタイルの抜群さ? それとも、秀でた才能……?
いえいえ、実はどれも当たらずとも遠からず。モテ子の絶対条件とは“男のプライドを満足させられるテクニックがあること”なのです! 言い換えてしまえば、男のプライドを満足させることができれば、誰でもモテ子になれる可能性があるということなのです!
さて、それではさっそく、モテ子への近道となる“男のプライドのくすぐりかた”について、一緒に確認していくことにしましょう!

(1) 人前では男性をたてましょう!

やはり男性は、女性よりも優位に立ちたいと思うもの。簡単に言えば、その感情こそが“男のプライド”なわけです。だから(たとえあなたのほうが優れていたとしても)、男性の前に立ちはだかるようなポジションにはつかず、適度に男性のことをたてるように振る舞いましょう。

(2) とにかく褒めましょう!

男性が、過去の武勇伝などを話してきたら、それはもう褒めちぎる絶好のチャンスが到来したと思って間違いありません。たとえその話がどんなにつまらなくても、くだらなくても、それを態度に出すのはNG! はっきり言って、その話を聞いてどのように感じるかというのは全く関係ないのです。武勇伝を語ってくるということは、少なからずあなたに「すごいね!」と言われたい(または思われたい)はずなのです。つまり、そこのツボさえおさえておけば、それだけで男のプライドとやらを満足させることができるということなのですね。

(3) たまにはアドバイスを求めてみて!

男性は、守られたいというよりも守りたいという願望が強い人が多いです。つまり、アドバイスを求めるということは“私よりも経験が豊富なあなたを頼りにして相談している”というように印象づけることができるのです。しかし、いつもアドバイスを求めていては「自立していない」とか「ネガティブな考え方をする女性なのかな?」などと、悪い方へとらえられてしまいかねません。ですので、ここでポイントとなるのが”頻度”なのです。たまにアドバイスを求めることで「いつもは明るくてげんきいっぱいだし、しっかりとした考えを持っているのに! よし、ここは力になってあげよう!」となるわけです。

(4) たまにはワガママを言ってみましょう!

女性からのカワイイお願いは断れないのが男性のサガ。そして、「女性のワガママを聞いてあげているオレって、やっぱりすごい!」という思考に至るのもまた男性のサガなのです。ワガママを言ったら嫌われるなんて思わずに、たまには少し甘え気味に接してみるのもあり!

いかがでしたか? 男性は少なからず、いとも簡単にプライドをへし折ってくる女性のことは敬遠しがちなところがあります。ぜひとも、彼らのプライドを満足させるよう、上手に立ち回ってみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子