恋愛感情よりも大切!? 円満な夫婦関係に必要な4つの要素

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.09.26.Tue

結婚生活は愛情だけでは乗り越えられない、とよくいいますが、確かに「好きな気持ち」だけでは長い夫婦関係を円満に過ごすことは難しいかもしれません。互いに自立した関係を保つことで夫婦関係がよりハッピーになるという専門家も多くいます。今回は、円満な夫婦関係に必要な要素をまとめてみました。

1. 忍耐力

どんなにラブラブ夫婦であっても、忍耐力なしでは円満な夫婦関係を築くことはできません。長い夫婦生活、ある日大きな壁にぶち当たることもあるかもしれません。そんな時はむやみに感情的にならず、夫婦で忍耐強く乗り越えるチーム力が必要となります。時に、忍耐は互いを思いやる気持ちにも似ています。
ただし、「忍耐」と一言で言っても、くさい物にフタをするような状況で我慢し続けるのは夫婦関係の円満にはつながりません。悩みや問題が浮上したら夫婦でコミュニケーションを取り合い、早めに解決するのがベスト。

2. 自由な時間

互いに自由な時間を持つことは円満な夫婦関係を築く大切な要素。常に一緒に行動する仲良し夫婦も中にはいますが、常にパートナーと一緒にいないと孤独を感じてしまうという場合は、パートナーに依存しすぎた夫婦生活を送っているからかもしれません。
突然パートナーと離れて自分の時間を手に入れると何をしていいかわからなくなってしまう、という場合もあるかもしれません。そんな時はまず自由時間の「目的」探しをするのがオススメ。読書がしたい・友達とたわいない時間を過ごしたい・習い事を始めたい……などパートナーの存在にとらわれず、今自分がしたいことに目を向けることで夫婦関係がより充実したものになるはずです。

3. 成長しようとする姿勢

長い月日、共に歳を重ねていくのが夫婦というもの。だからこそ必要となるのが互いの精神的な成長。夫婦としての新しいライフスタイルを築くには、相手への理解や時に妥協も必要となります。お互いに子どものように自己を主張してばかりでは円満な夫婦関係に近づくことはできません。結婚はゴールではなく、さらに成長するためのスタート地点。互いに成長し、改善すべきところは努力する姿勢が素敵な夫婦関係を築く土台となるはずです。

4. 人生に対する情熱

人生に対する情熱、というと大げさに聞こえますが、好きなことに情熱を捧げることは人生をより豊かにするための大切な要素。生活がつまらないからといって、結婚パートナーを責めるのはお門違いです。人生をより幸福にするのは結婚パートナーではなく自分自身。自立した考えをもち、生活をより豊かに充実させることで夫婦の幸福度がアップするという専門家も多くいます。精神的に満たされた生活を送ることは、夫婦関係を円満にするために欠かせない要素といえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr