多忙男子が「この子は特別だ」と夢中になっちゃう女性の言動5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2017.08.23.Wed

仕事に一生懸命な彼、なかなか会う時間がつくれずに「このまま心が離れちゃいそう」と心配になることもありますよね……。そんな多忙男子が彼女に対して「この子は特別! 大事にしたい!」と思う瞬間は? 今回は、仕事で忙しい男性たちに「夢中になってしまう彼女の言動」について話を聞いてみました。

忙しくても! 「この子は特別だ」と夢中になる女性の言動5選

1. 「お疲れさま」とサポートしてくれる

仕事が忙しくて会う時間がつくれない。そんなときもLINEなどで「お疲れさま」「頑張ってね!」と明るく声をかけてくれる彼女に「サポートされてる感じで、癒やされる」という声もありました。

「なんで会えないの? とか怒られると、罪悪感でツライのですが、逆に『会えなくても応援してるよ!』『今日もお疲れさま』とLINEなどで声をかけてくれる彼女だと、この子だけは絶対に大事にしたいって思いますね」(31歳・通信会社勤務)

▽ 仕事ばっかり夢中になって~と怒るのが一番ダメ? 彼を応援するひと言にキュンとするそうです!

2. 短い時間でも会いに来てくれた

仕事終わりに少ししか時間がないのに「顔が見たいから会いにいくね」と来てくれた。そんな彼女の言動にも「この子は特別」と夢中になってしまうのだとか! 長い時間一緒にいられなくても納得してくれる彼女をいとおしく思うそうです。

「仕事の合間に1時間くらい空きがあったのですが、そのことを彼女に伝えたら『顔が見たいな』ってわざわざ会いに来てくれたことが。かなり心に響きましたね」(32歳・自営業)

▽ ちょっとだけの時間でも会おうとしてくれる、そんな彼女の言動をみて「愛されてるな~」とほっこり。

3. 仕事でドタキャンへの神対応

急な仕事が入ってしまってデートをドタキャンしなくちゃいけない。そんなとき『え~残念だな~。でもお仕事頑張ってね!』とかわいらしく対応してもらえると「自分を理解してくれる特別な女性」だと夢中になることも?

「休みの日も仕事が入ってしまうことが。それが原因で別れた彼女もいましたが、今の彼女は『仕方ないね、頑張って!』って言ってくれる。申し訳ないけれど、理解してくれることがありがたくて特別な存在です!」(29歳・営業)

▽ ドタキャンでも「残念だけど、仕事なら仕方ないね」と笑顔で応援できるかどうか、が鍵に?

4. 健康面を気づかってくれる

忙しいと食生活や睡眠も乱れがち。そんな様子をみかねて「休みの日に手づくりご飯」をつくって健康面を気づかってくれる彼女にも「特別な女性」と夢中になってしまうそうです。疲れを心配して、ゆっくり休めるデートプランを計画してもらえると気づかいにキュンとしちゃうのだとか!

「健康面を気づかって食事をつくってくれたり。かなり疲れたときは、デートもしんどいのが本音。ですが、ゆっくり映画を観に行く、カフェデートとか休めるものを考えてくれる彼女には感謝です!」(30歳・IT関連)

▽ 疲れすぎてテーマパークとかは無理……。ゆったり過ごせるデートで健康面を気づかってくれる彼女もいとおしくなるそうです。

5. 会えたときに「最高の笑顔」

なかなか会えない日が続いても、やっぱり会えたときは「最高の笑顔」で迎えてくれると「心から癒やされる」という声もありました。そのかわいい笑顔が見たくて、忙しくても頑張って時間をつくろうと前向きに思えるそうですよ。

「久しぶりに会えたときの彼女の笑顔が何よりうれしい! 最高の笑顔で迎えてくれると、特別な存在だな~って心からほれちゃう。その笑顔が見たいので忙しくても、また会う時間をつくろうとしますね」(31歳・マスコミ関連)

▽ 「なんで会えないの?」と仏頂面だけはNG。最高の笑顔で彼をキュンとさせましょう!

忙しくても「頑張ってね」と応援してもらえると、これからもずっと一緒にいたいと思うそうです。忙しい彼とうまく付き合うために、意識してみるといいかもしれませんね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm