うわ、言ってた…! 周りから「イタい」と思われている婚活女子の言動3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2017.07.28.Fri

婚活を始めて数か月もたつと、だいぶ慣れてくるというもの。結婚につながる男性とはまだ付き合えていないものの、「婚活のテンプレート」なるものがわかってくると、つい上から目線でイタい言動を繰り返してしまいがちです。婚活に必死になり、周りを見下しはじめた発言は結婚をますます遠ざけるばかり……。
ここでは周りから「イタい」と思われている婚活女子の3つの言動をご紹介します。

「婚活パーティーって、イイ男いないよね~!」という上から目線

婚活パーティーや婚活ラウンジに何度か足を運んでいるにも関わらず、なかなか婚活が進まないと愚痴のひとつやふたつ、言いたくもなるでしょう。しかし、自分を棚に上げて「婚活パーティーにはイイ男がいない!」と叫ぶのはイタい言動以外の何物でもありません。同じように、「この会社ってイイ男いないよね」「大学の男友達なんてロクなのいないよね」といった発言もNG。
イイ男がいないのではなく、自分が女性として見られず、魅力的でない可能性が高いかもしれないことも考えましょう。婚活をしていてもいい男性と出会えない場合は「なかなかご縁がなくて……」と曖昧にぼやかしておくほうが無難です。

「アプリとかじゃなくて、自然に出会いたいんだよね」という幻想

運命的な出会いを夢見ていたり、理想が高い女性に限って「もっと自然に出会いたい」と口ぐちに言います。しかし、“自然な出会い”とはなんでしょうか?学生時代の友人と付き合いそのまま結婚? 社内恋愛でなんとなくいい人を見つけて結婚? もちろん、学生時代から付き合っている人と結婚したり、職場恋愛の末にゴールインしたりする人もたくさんいます。
しかし、現時点であなたがいいと思う男性と出会えていないのであれば、“自然な出会い”を待っていても出会えないということ。お互いが結婚したいというタイミングで出会う恋愛こそが「自然な出会い」なのではないでしょうか? 「自然に出会いたい」と出会い方ばかり気にしているうちは結婚へは遠いと言えます。

「最近は草食系男子が多いからさ~」という責任転嫁

自分が恋愛や結婚をできない理由として「草食系男子が多いから」「仕事が忙しくてバリバリ働いているし」と言い訳をし、責任転嫁をする女性もイタいです。もちろん、仕事に全力で取り組むことは素晴らしいこと。しかし、恋愛や結婚と仕事は別の話です。仕事をしながらステキな男性と結婚している女性は沢山います。
また、草食系男子が多いとも言われていますが、草食系男子だってステキだと思う女性にはそれなりにアプローチをします。自身がモテないことと草食系男子が増えたことを同列に並べないほうがいいでしょう。草食系男子が多いのであれば、自身が肉食系女子として積極的にアプローチあるのみ。受身でいるよりも行動的であるほうが魅力的にみえるはずです。

何気なく口にした言葉でも一度イタいと思われると「だから結婚ができないんだよ……」と思われてしまいます。そんな悔しいことにならないためにも、自身の言動を振り返ってみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:nantokyana@gmail.com