まるでプリンセス気分? 女性がひそかに憧れる「お姫さま扱い」4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2017.07.19.Wed

まだ夢見る少女だったあの頃、王子さまのような男性に憧れたことが……。少女漫画に出てくる王子系男子にキュンとした女性も少なくないはずです。大人になって「実際にはありえない」と思いつつも、心の奥でひそかに「お姫さま扱い」されてみたい願望を持っている女性もいますよね。

女性がひそかに憧れる「お姫さま扱い」って?

そこで今回は、女子たちが憧れるお姫さま扱いについて話を聞いてみました。

1: 胸キュンなエスコート

日本男性はあまりしない「エスコート」ですが、海外映画などを観て「いいな~」と憧れてしまうことも? 車のドアを開けてくれたり、階段を降りる時に手をさしのべたり、座る時にイスを引いてくれる……。そんなシーンにキュンとしちゃう女性も多いようです。

・ 「彼氏はそういうのと無縁なタイプだけど、海外ドラマに出てくるジェントルマンみたいに、優しくエスコートされてみたいです!」(31歳・インテリア関連)

・ 「海外旅行先で男性がドアを開けてくれたり、重たいものを持ってくれたりすると、ジェントル~って、キュンとしちゃう」(29歳・アパレル関連)

▽ 海外旅行先でステキな男性にエスコートされて「お姫さま気分になれた」という意見も。日本では、あまりなじみない習慣ですもんね……。

2: ストレートに褒めてくれる

「ものすごくキレイだよ」「今日も美しいね」と褒めまくられるヒロインに「憧れちゃう」という声もありました。普段なかなか機会はないかもしれませんが、照れるくらいに褒めてもらいたいとひそかに憧れている女性も少なくないようです!

・ 「実際にはありえないけど、映画みたいに『今日もキレイだよ』と心を込めて言ってくれる彼氏がいたら……幸せになれそう!」(28歳・ネイリスト)

・ 「褒められまくってみたいです(笑)。きちんと目を見て、お世辞じゃないってわかる感じが理想!」(27歳・IT関連)

▽ 海外ドラマだとよく観るシーンですが、実際には……ないかも!?

3: ワガママを受け止めてくれる

お姫さまみたいに「○○が食べたい」「○○に行きたい」とワガママを言っても、それを受け止めて願いを叶えてくれるような王子さまがいたら……! と夢見ちゃうこともあるそうです。どんなワガママも叶えてくれるとか、最高かも。

・ 「朝起きて私が『朝ごはんに○○が食べたい』って言って、彼が作ってくれるような感じに憧れちゃう!」(30歳・アパレル関連)

・ 「突然『○○に行きたい』とワガママを言っても、嫌な顔せずに連れて行ってくれる男性とか憧れませんか? プリンセス気分が味わえそう」(27歳・会社員)

▽ ワガママを聞いてくれる=自分を受け止めてくれる……そんな愛され感も味わえそう。

4: サプライズで喜ばせてくれる

ロマンチックなサプライズを演出して、彼女を喜ばせてくれる。そんなシチュエーションに憧れるという意見も。大量の花束とか、ロマンチックなレストランデート、プレゼントを驚かせて渡してくれるようなお姫さま扱いも大人気です。

・ 「サプライズが憧れ! 突然大量の花束を持って現れるとか、ファミレスに行こうって言ってたのに、ロマンチックなレストランに行くとか驚かせてほしい」(26歳・飲食店勤務)

・ 「誕生日とか記念日に、サプライズを計画してもらえたらうれしい!」(31歳・インテリア関連)

▽ サプライズ演出が上手な男性ってステキですよね~! 女子の憧れではないでしょうか?

まとめ

ひそかに憧れる「お姫さま扱い」、この他に「お姫さまだっこしてもらう」「ひざまづいてプロポーズ」とかもあがっていました。映画ではよく目にするシーンですが、現実では「ない」という声もありました。「照れくさくて」と敬遠しちゃう男性が多いみたいですが、愛する彼女のためにぜひ「お姫さま扱い」して喜ばせてあげてほしいです!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm