告白は子どもがすること? 大人女子の誘惑テクニック6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2017.04.22.Sat

「告白は子どもがするものですよ。大人は誘惑してください」――ドラマ『カルテット』(TBS系)で、吉岡里帆さん演じる小悪魔女子、有朱が言ったセリフです。
「好きです」なんてまっすぐな告白をするのは、せいぜい高校生まで。大人女子は、上手に男性を誘惑しましょう。告白はするものではなく、させるものです。今回は、気になる彼をその気にさせる誘惑テクニックをご紹介します。

気になる彼を誘惑するテクニック

1: 肌と髪の手入れは念入りに

乾燥した肌や、パサついた髪では、女性の魅力を引き出せません。たとえ美人じゃなくたって、肌と髪がツヤツヤしていれば、それだけで十分色気を感じさせることができます。ファンデーションはツヤ肌系がオススメ。トリートメントをしっかりし、日頃のケアを怠らないようにしましょう。

2: 目の前で脱ぐ

彼と一緒にいるとき、なるべく目の前で羽織ものを脱ぐこと。暑くなってきたら、彼が見ているときにカーディガンや上着を脱いでください。女性が「脱ぐ」という行為は、男性にとって特別なもの。インナーは、ノースリーブなど肌をみせるものが効果的です。

3: パーソナルスペースに入り込む

自分のテリトリーであるパーソナルスペースは、男女の恋愛空間ともいわれています。まずは、彼の恋愛空間に入り込みましょう。モテる女性は、男性との距離が近いのが特徴。
「手大きいね」と言って自分の手を合わせてみるなど、さりげなくボディタッチをしてみましょう。ちょっとわかりやすいくらいがちょうどいいのです。遠くから眺めているだけじゃ、誘惑はできません。

4: 耳元でコソコソ

耳元で内緒話をされたら、それだけでドキドキします。「ここだけの話だよ」と彼の耳元で秘密を打ち明けてみましょう。秘密の共有と、距離の近さで、彼をドキッとさせることができます。
また、2人で映画館に行ったら、「この女優さんキレイだね」など、彼の耳元でこっそりささやいてみるのもありですよ。薄暗い空間だとムードもあります。

5: 香水のつけ方は下から上へ

香水をつける部位は、一般的に首筋や手首ですよね。しかし、露出した部分につけると、まわりの人にとっては香りが強すぎる場合があります。自分の体臭のようにほのかな香りを漂わせたいなら、ウエストや太ももの付け根、足首につけるのがオススメです。
香りは下から上へと広がるので、彼とすれ違ったときに、時間差でふんわりと香らせることができますよ。服の内側で香りをあたため、動いたときにふわっと香る。キツすぎないほのかな香りが色っぽいのです。

6: そういうところが好き

彼のいいところを見つけたら、「○○くんのそういうところが好きだなあ」と伝えましょう。「優しくて癒される」、「仕事をがんばっていて尊敬できる」など、好意があることを相手に示すことが大切です。これは、好意を示しているだけで、告白ではありませんよ。
1人の人間として、好感をもっていると言っているだけです。自分に好意がない女性に告白しようとする男性は、まずいません。まずは、彼が告白しやすいようにセッティングすること。それが女性の役割だと思います。

気になる彼がいるならば、大人女子として“誘惑”してみませんか?

▽ TBS系ドラマ『カルテット』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。