間違いなく後悔する! 恋愛関係あるある7つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2017.03.24.Fri

恋愛に溺れているとき、そのときは楽しかったけれど、あとから冷静に考えてみると「ああ、バカなことしたな」と思ってしまったことってみなさんにも少なからずあるはず。本日はそんな、間違いなく後悔することになる恋愛関係あるあるを集めてみました。

1. 友だちとの関係を断ち切る

彼が私の友だちのことをよく思っていない様子だったので、彼が望むならと、仲良しだった友だちとの連絡を絶ったこと。そのときは彼さえいればなにも怖くないと思ったけれど、彼との関係がうまくいかなくなったとき、相談する相手も頼る相手もいない状態に陥ってしまう羽目に。

2. 共通点がなさすぎる

恋愛の始まりって、相手の顔が好みだとか、今まで付き合ってきた恋人とは違うとか、そういった理由で相手に夢中になれるもの。最初は共通点が少なくてもそれほど気にならないものの、だんだん関係が深くなってくると、共通点がないため、つながりを見いだせなくなってくるのです。

3. 恋人の機嫌をとるために嫌なことも受け入れる

本当は嫌だなあと思ったことも、相手の機嫌を損ないたくないという気持ちから受け入れてしまったこと。最初に受け入れてしまったものだから、そのあと嫌だと言い出せずに話し合いの機会を持つこともできなくなるのです。

4. 小さいことでずっとケンカをする

とにかくしょうもないことでひたすらケンカをし続けること。だんだんとお互いが一緒にいても揚げ足をとることばかりに躍起になっていくような関係になると、ケンカするほど仲がいいのではなく足を引っ張り合っているだけなのです。そんな関係が終わったとき、寂しさよりも安堵に包まれることも……。

5. 歩み寄る気持ちが全然ない

意見が合わないときには、お互いに妥協点を見つけて歩み寄らなければうまくいかないのに、基本的に大ゲンカに発展してしまう。毎回そういうケンカに発展すると、どちらかが「別れる!」と言って大騒ぎすることに。歩み寄る気持ちがない人というのは、一生その姿勢を変えてはくれないのです。

6. 愛情の重さに違いがありすぎる

恋愛に対する真剣度に差がありすぎること。こちらはカジュアルな関係を楽しみたいと思っているのに対し、相手は結婚を前提に真剣交際したいと考えている……。そんな2人の考えがずっと平行線のまま変わらないのは当たり前のこと。愛情の重さに違いがありすぎるので、意見が合わずケンカばかりになってしまうのです。

7. カップルの出来事すべてをソーシャルメディアに公開

好きな彼と楽しい時間を過ごしたら、みんなにシェアしたくなるのは仕方のないこと。しかしカップルの出来事すべてをソーシャルメディアに公開していると、ぴたっと公開が止まったときに瞬く間に破局したことがまわりに知れ渡る羽目に。もしかすると恋人のポテンシャルがあったかもしれない人にも、アホな人物だと思われてしまうかも。

▽ 参考記事(海外サイト):40 Surefire Signs Your Relationship Is Doomed

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。