ベタ甘上等! アラサー女子が憧れる新婚になったらやってみたいこと5つ

2016.12.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

ベタなお話ではありますが、「新婚になったら、やってみたいなあ」という憧れってありますよね。雨の日に駅にむかえにいってあげてみたり、朝のお出かけのときにキスをしてみたり。「そんなこと恥ずかしくて新婚じゃないとできない!」というものはあるもの。今日はアラサー女子の皆さまに、そんな憧れを聞いてまいりました。

ペアルックのパジャマで朝コーヒーを飲む

「おそろいのパジャマを着て、朝コーヒーを飲むっていうのは、ずっと憧れがあるかな。自分が結婚したらやってみたいなあ」(通信/27才)

▽ わかります! シャツタイプのさらっとしたシンプルなパジャマをおそろいで着て、彼にベッドまでコーヒーを持ってきてもらいたい!

一緒にお風呂に入る

「彼には恥ずかしくていいにくいけれど、一度でいいからバラ風呂っていうものに入ってみたい。妹が新婚旅行でやっていたんです。ああいう、『普段絶対やらないけど、やってみたいこと』ができるのって新婚ならではだよなあ」(メーカー勤務/30才)

▽ バラ風呂って、存在するんですよね。なかなか自宅ではできない(掃除が大変だという理由から)……。新婚って、そういう非日常が許されるって思っちゃいますよね~。

夜中にコンビニデートにいく

「夜中に小腹がすいたときに、部屋着の上にもこもこ着込んで、手をつないでコンビニに買い出しとか憧れちゃいます」(読者モデル/24才)

▽ 往復10分のハネムーンというわけですね。たしかに夜中にコンビニいくなんて一緒に住んでいないとなかなか難しいですよね。彼と一緒というだけで、ただの買い出しがちょっとしたイベントになるのだからびっくりです。ついつい、いらないものまで買い込んでしまいそう。

カップルイベントに参加する

「ライブとかパーティとかである、パートナー同伴が条件のイベントに一緒にいってみたいですね。一人だったり、女友だちとだといけないような場所には興味あるな」(技術/26才)

▽ カップル限定のイベントって、いいですよね。まわりもカップルだらけなので、いつもよりくっついていても気にならないです。普段ベタベタしないようなふたりでも、まわりの雰囲気が後押ししてくれれば距離がぐんと近づくかも! これからは年末にかけてイベントも増えそうですし、要チェックです!

海外をペアルックで歩く

「日本だと視線が気になるので、あえて海外で(笑)。ペアルックって時代遅れって思われるかもしれないけど、それくらい浮かれてみたっていいかなって。ハメ外せるときは外さないとって思う」(WEBプログラマー/31才)

▽ ペアルックは時代遅れなんかじゃないですよ!! 最近は、双子コーデなんていう言葉もありますからね。恋人でまったく同じ服を着るのがはずかしいなら、同じようなテイストでまとめてみたりしても素敵ですよ。ハメは外してなんぼですよね!

憧れているだけじゃもったいない!

いかがでしたでしょうか? アラサー女子の憧れる「新婚になったらやってみたいこと」あなたのやってみたいことはありましたか? なにも新婚になってからでないとできないというものではないです。憧れているだけじゃもったいない! ぜひ、愛する彼とチャレンジしてみてくださいませ。

2016.12.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 立羽あさぎ

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。 着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。 現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。 オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。 暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介