結婚できない原因に? 女子力を磨いても逆効果なケース3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.11.18.Fri

美人で、性格がよくて人付き合いもいいし、仕事も頑張っている、そんな女子力の高い人でも、結婚のご縁に恵まれないことがあります。そうかと思えば、「なんでこの人、結婚できたの!?」と正直思ってしまう既婚女子も。清く、正しく、美しく女子力を磨いていても結婚は別モノなのでしょうか?

女子力を磨いても逆効果なケース3つ

もちろん結婚は人と人とのご縁、相性であり、一概にまとめることはできません。でも毎日頑張っているのに、なかなか結婚が見えてこないというお悩みを抱える方に、女子力を磨いてもかえって逆効果になってしまう場合があることを考えていただきたいと思うのです。
結婚したいと思っているのに、なかなかたどり着けない……もしかしたらそれは頑張る方向性が間違っているのかも。そんなケース3つをご紹介したいと思います。

ケース1:「女子たるもの、やはり外見が一番大切、とことん磨かなくっちゃ」

恋愛の第一印象はやっぱり外見にかかっているし、女としてもルックスは妥協せずに、磨いて、どんどんキレイになりたい。その思いは決して間違っていません。
確かに男性はキレイな女子が好きですが、でもヘアからネイルまで余念なく磨かれ、ファッションセンスもよく、ブランド品などもおさえていると、たいていの男性からは“ハイメンテナンスな女”だと認定され、結婚相手の候補としては圏外に。一部の隙もないくらいキレイでいるよりも、平凡でも清潔感さえあればいいという本音をお持ちの男性は多いものです。

ケース2:「人付き合いが上手で、仲間の中心的存在。コミュニケーション力が高い」

社交性が高く、いつもいろんな人からお誘いの声がかかる人気者。そんな対人スキル、コミュニケーション能力の高さも女子力として見逃せませんよね。それはもちろん本人の大きな魅力だし、個性なのですが、男性からすると、そんな輝かしい存在の彼女に対し、気後れを感じてしまうことだってあります。
知り合いや友だちが多く、人気も高いということは、それだけほかの男性からのアプローチや誘惑も多いということ。ということは浮気される確率もあがる……と考えられるわけで、それは男としてのプライドが許せないようなのです。
とくにシャイで、内向的な性格の男性だと余計引け目に感じてしまうことも……。妻には女として魅力的であってほしいけど、それは自分だけに向けられて欲しいというところでしょうか。男性の嫉妬心は実はかなり根深いものなので、気をつけましょう。

ケース3:「責任感がありキャリア志向が強く、世の中全般について意識が高い」

責任感があって、仕事も自分なりの理想像に向けて邁進している、そして自分のことだけでなく世の中の動きについてもアンテナを張っていて意識が高い。知性も女性の魅力のひとつなのですが、これが行き過ぎてしまうと、ついつい“自分が正しい”という方向に振り切れがちになってしまいます。
でもこうした態度は、いざ恋愛となったときに一番厄介なものかもしれません。相手の考えや感情を知ろうとしたり、わかり合おうとしたりする気持ちが低くなり、柔軟性に欠けます。そんな相手を結婚相手に選ぶというのは、非常にリスキーなことと思われても仕方ないでしょう。自分の考えや信念を大切にするというのは素晴らしいことですが、恋愛ではもっと相手に寄り添う気持ちを持たなくては、一生のパートナーとして選ばれることはありません。

いかがですか? 「結婚=永遠の幸せ」というほど甘いものではありませんが、アラサー世代にとっては重大なテーマ。普段から女子力を磨くことはもちろん大切ですが、方向性が間違ってしまうと、結婚も遠ざけてしまうことになりかねないことを知っておいたほうがいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。