本命彼女には送らない! 男性がキープ彼女に送るLINE5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.11.12.Sat

誰だって、1番大好きな人には嫌われたくないので気をつかいます。しかし、そうでもない人に対してはそこまで気をつかわないというのも人の性。こと恋愛においては、それが顕著にあらわれることもあるのです。あぁ、目を逸らしたい現実です……。
本命彼女には絶対にしないデートの誘い方とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

1: 突然の「今夜(平日)ヒマ?」

平日に、なんの前触れもなく「今夜ヒマ?」と誘ってくるのは、もしかしたらキープ女子認定されているのかもしれません。どうしても「ただヒマだからLINEしてみた」という感じが否めないんですよね~。
休日のデートの事前約束もなく、いつも突然のお誘いばかりというのは少し疑ってみたほうがよさそう。

2: 直前すぎる「悪い、今日キャンセルで!」

せめて前日にキャンセルしてくれればいいのですが(支度を始めたり、待ち合わせ場所に着いていたり)直前すぎるドタキャンを繰り返すというのは、本命彼女ではない可能性が高いです。もちろん、急な仕事が入ることもあるでしょうし、外せない用事ができてしまうこともあるので、そのへんも見極めながらチェックしてみてください。

3: 「多分、おそらく」あいまいがデフォルト

こちらからデートに誘っても「多分、大丈夫!」とか「おそらく行けるよ!」なんてあいまいな返事ばかり返ってくる場合も、キープされている感がプンプンです!
しかし仕事が繁忙期のときなど、本当に予定が立てづらい時期もあるので、それは考慮しなければなりません。

4: LINEのレスがいつも数日後

男性はもともと筆不精な人が多いので、プライベートなLINEを1日に何回もやりとりすることにストレスを感じるそうです。つまり、がんばる必要がない相手(友だちやキープ彼女など)に対してはそれが適応されるということ。
ただ、それが本命彼女となれば話は別だということなので、やっぱり恋の効果というのは絶大なものなのですね。

5: (本文はなく)スタンプだけ

突然、なんの脈絡もなく訳のわからないスタンプをポンっと送ってくる男性の心理とは「とくに話すこともないけど、とりあえずキープしておきたい」というものなのだそう。筆者はてっきり“とくに話すことがないけどつながっていたい”心理のあらわれなのだろうと思っていたので、これにはかなり驚きました。女性と男性の考え方の差ってこわいですね……。

要するに、雑な誘い文句が多い――ということですよね。
「イイ感じかも!」と思っている彼のことを疑うなんて、できればしたくありませんが……。さて、皆さまは大丈夫そうですか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子