【鉄則!!】彼には言ってはいけない内緒のこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
紅緒

Written by:

2016.11.12.Sat

「きみのことをなんでも知りたいからすべて話して」という男性っていませんか? すべてを受け入れたいという思いで言ってくれるのだと、真に受けたら大まちがいです。
男性はとてもデリケートなので女性以上に傷つきやすい生きものです。修復できないことにならないためにも、そのなかでとくにNGな項目をあげましたので念頭に入れておいてくださいね。

過去何人とSEXしたか

このたぐいの質問は、とにかく少なめで経験控えめでと答えるのがベストです。どんなことをしてきたか? とか、イキやすかったかとか、そういった質問にも過去のことはイチイチ覚えてないけど、今が一番いいと答えましょう。
男性は繊細ですから、真実を話したところで傷つくだけなので余計なことを言うのはやめたほうがよいと思います。

ここに行ったことがあるか

デートスポットや旅先について、話が出たとき。10回に1回の割合程度であれば「ああ、行ったことがあるかも」と認めたほうがいいですが、実際に連れて行ってもらった場合は「来たことがない」で通すほうがよいでしょう。
よほど有名なテーマパーク類はべつとして、レストラン・バー・ホテルなど“初めて”で通すのが基本です。もはやこれは、男性に対するマナーのような気もします。
ちなみに私は同じ映画を2回、みるはめになったこともありましたが知らないフリで通しました。

過去の男との比較話

現状、幸せだということを伝えているのに「でも、過去もそうだったんじゃないの?」などと言われたことはありませんか?
そんなことはどうでもいいと思う女性にとっては、理解しがたいかと思いますが、男性はささいなことに劣等感をもったり、つまらないことでも優位にたちたいという一面もあるので、すべての男性が口にするかはわかりませんが、実際のところ彼女の過去は気になるようです。
ですから、きかれた場合はわざわざ言ってはいけません。案外、根にもったりするので正直に話すだけムダなように思えます。

「正直に言って」

この「正直に言って」という言葉ほど、うのみにしてはいけない言葉はありません。男性は生物的に、女性ほどの忍耐力もなければ寛容さもありませんので、正直に話すことでかえって険悪になったり傷つけたりするだけ。なにもプラスにはなりません。
極端な話かもしれませんが、筆者の場合は「正直に言って」と言われたら「否定して」という意味なのだと思うようになりました。相手に気持ちがあるからこそ、わざわざ傷つける必要はないのです。それをふりきってすべて話すというのは、偽善でしかないと思います。
大人ならば、いかに“傷つけないウソをつらぬくか”ということに徹するほうがよいでしょう。

いかがでしたか?
とりあえずてっとり早い逃げ道は、「忘れた」と言いうことです。そして“話を変える”がベストです。
そしてそれはそのままつらぬき通し、中途半端に「あのときは言えなかったけど……」と自白しないよう、気をつけましょう。結果的に継続が厳しくなりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

紅緒

恋愛至上主義 美しいもの 美味しいもの ワインが好き。