お願い、なかったことにして! 彼に送った大爆笑必至の「とんでもLINE」集

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2016.11.01.Tue

思わず「なにやってるのよ~! しっかりして、私!」とツッコミながら穴の中に入りたくなるような内容のLINEを送ってしまったことはありませんか?
まるで魔が差したとしか思えない赤面とんでもLINEはないものか、聞き込み調査をしてみると……ザックザックと出てくる出てくる! 皆さま意外とやらかしているようです。
それでは、共感&大爆笑必至の恥ずかしすぎるLINEの内容をたっぷりとご堪能ください。

エントリーNo.1: 酔っ払いの赤ちゃん!?

「『好きでちゅー』って赤ちゃん言葉で送ってた。しかも何通も……。お酒って怖い!」(30歳/女性)

▽ ネコ語、赤ちゃん言葉などは、いわば甘えたいときの定番のようなもの。いつも精一杯気を張っている人ほど“お酒がキク”のかもしれませんね。
とはいえ、普段しっかり者の彼女からこんな甘え調子のLINEがきたら、それはそれでギャップ萌えかも!

エントリーNo.2: 夜間限定のラブポエマー!

「愛とか恋についてのポエムを送っていた。翌朝、彼から『……いい内容だね』ってLINEがきていることに気づいたときには、顔から火が出るかと思うくらい恥ずかしかった」(27歳/女性)

▽ 夜という魔の時間にやられて、ポエマーになってしまう人もいるようです。夜という魔の時間帯には、なるべくスマートフォンとの距離をとったほうが賢明なのかもしれません。手が届く範囲内に置いておくと危険です!(汗)

エントリーNo.3: もしかしてなにかの暗号かも!?

「好きって送りたかっただけなのに、『ねぇ、須木!』って送ってた。しかも、間違いに気づいて再度送り直した文面が『ごめん間違えた、スキー場!』だった。全部変な予測変換のせい!」(28歳/女性)

▽ 変換ミスしたまま送ってしまうというのは、けっこうあるあるですよね~。しかし連続で変換ミスをするとは……相当焦って送ったのか、スマホがヤキモチを妬いているかのどちらかでしょうね……。

エントリーNo.4: 熱烈ラブコールの川柳!

「『愛してる! 仕事終わりに、会いたいな?』って送ったら、『ナイス5・7・5! さすがうまいね!』って返事がきたんだけど、ホントにたまたまだし、しかも“さすが”って言われても……別に落研に所属してたわけでもないのに!(涙)」(32歳/女性)

▽ せっかく送ったLINEがまさかの川柳になっていたという人もいました。それにしても、字余りでも字足らずでもなく、ピッタリ5・7・5になってますね~! すごい!

穴があったら入りたい――赤面LINE集はいかがでしたか? ぜひ、次の女子会のネタにでもしていただければと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子