あげまん女子は知っている! 彼を育てる言葉の力

2016.10.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

どうしようもない男だと思っていた元カレが、新しい彼女と付き合ったとたん、仕事のできるいい男になっていた……。そんな経験、ありませんか? 男性は、付き合う女性で大きく変わります。その女性が、“あげまん女子”であれば、どんどんいい男に成長していくでしょう。
最初から完璧な男性なんていません。彼にダメなところがあったとしても、そこは彼女であるあなたの、腕の見せどころ! 彼をいい男に育てるのも、ダメな男にするのもあなた次第です。せっかく好きになった彼です。ダメな男だと見限るのではなく、いい男に成長できるようサポートしていきましょう。

潜在意識に入り込む、言葉の力

小さいころ、親にかけられた言葉を覚えていますか? 信頼している人からかけられた言葉は、自分の潜在意識に残り、将来にまで影響を及ぼします。
「あなたは本当にかわいい子ね」と育てられた女の子は、自分に自信をもちますが、「あなたは女の子なのに全然かわいくない」と言われつづけたら、どんなにかわいい容姿だとしても、自信のない卑屈な子に育つでしょう。
言霊という言葉があるように、言葉の力は強力です。繰り返し同じことを言われ続けると、人は無意識のうちに、相手から貼られたレッテルどおりの人間になろうとしてしまうのです。

あなたの決めつけが、彼の性格を決めてしまう!?

相手を理解したいという気持ちが強いと、私たちは悪気なく、相手に対してレッテルを貼ります。お年寄りや子どもに親切であれば「優しい人」、すぐに怒る人にたいしては「短気な人」など――。
しかし、その決めつけが、彼の可能性をつぶすことになってしまうこともあるのです。彼に不満をもったとき、彼の人間性を決めつけ、こんなふうに責めてはいませんか?

絶対やめて! 彼をダメ男にする言葉!

たとえば、彼が職を転々としていたときに、将来を不安に思ったあなたが彼を叱咤激励しようと、こんな言葉をかけたとします。

「そんな甘い考え、社会じゃ通用しないよ! 男のくせに辛抱することもできないわけ!?」

こう言われた彼は思います。「俺は社会人失格。辛抱もできないどうしようもない男だ」と。そんなセルフイメージが頭に残ってしまったら、彼はますます卑屈になり、あなたを幸せにする自信さえも失ってしまうでしょう。彼を成長させたいなら、まずは肯定してあげることからはじめましょう。

あげまん女子は知っている! 彼がいい男になれるということを!

あげまんと呼ばれる女性は、絶対に彼を否定したり責めることはありません。さきほどの彼にたいしては、こんな言葉をかけるでしょう。

「◯◯くんは、自分のやりたいことにしっかり向き合っているんだね。あせらなくて大丈夫、◯◯くんに合った仕事がぜったい見つかるから」

こう言われ続けた彼は、「次は絶対に転職しないぞ! 自分なら大丈夫だ!」と自信をもつことができます。
仕事に自信をもてない男性は、自分のことを責めています。そのうえ彼女にまで責められたら、もう逃げ道はありません。彼女であるあなたにできることは、彼を認め自信をつけさせること。追い打ちをかけることではありません。
「そんな甘やかしたら、よけい調子に乗るんじゃない?」と思うでしょうが、大丈夫。男性にとって、認められ、褒められることが原動力になるのです。成長できる男性であれば、大好きな彼女の期待にこたえたいと頑張ってくれますよ。

男性を責めていいことなんてありません。大切なのは、いいセルフイメージを彼に植えつけること。レッテル貼りを上手に使って、彼をいい男に育てましょう。

2016.10.19

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介