最後に恋愛を制すのは「甘え上手」! かわいく甘えるためのハウツー5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.09.22.Thu

なかなかいい恋愛ができないとお悩みの方、気になる彼にどんな態度で接しているでしょうか? いつも通りの“ハツラツとして明るい自分”ではちょっと彼のハートを掴みきれないかも……。恋を制したいなら、やっぱりそれなりに工夫が必要。
もっとも確実なのは「彼に素直に甘えられる女性」になることです!

かわいく甘えるためのハウツー5つ

とはいえ、「そんな男に媚びるようなマネ、今さらできない!」「そんなのほんとうの私じゃない、ありのままの私を好きになって欲しいの!」という気持ちが強い人も多いでしょう。でもそうやって強がって、“ほんとうの自分”にこだわりすぎていると、いつまでも不器用な恋愛ばかりになってしまいますよ!
少し気持ちを変えてみれば、あなたの恋愛観もガラッと変わるかもしれません。そこでかわいく甘えるためのハウツー5つをご紹介しましょう。

1: メリハリをつけて甘える

いつも誰かに頼ったり、甘えた素振りを見せるのは、“お子さま”な人という印象を与えてしまいます。普段はしっかりなんでも自分でできているのに、どうしようもなくなったとき弱みを見せて、甘えてくる……そのギャップに男性はやられてしまうのです。
単なる“甘え女”になるのではなく、甘えにもメリハリをつけ、甘えるときはぐっと弱みや素の自分を見せれるようにしましょう。

2: 「あなただから甘えたいの」とアピールする

意中の彼に甘えてみるときは、「ほかの誰でもない、あなただからこそ甘えたいの」ということを強くアピールするべき。男性は「自分だけに見せてくれる姿」と思えばこそ、そんな女子からの甘えを大きな包容力で受けとめてくれるのです。
彼の男らしさ、信頼できる人柄や性格をあなたが高く評価していることも忘れずに伝えてみましょう。それは彼にとっても大きな自信になって、余裕のある態度をとれるようになります。

3: ポジティブワードを素直に伝える

なかなか素直になれないという人は、まずは言葉からはじめてみてはいかが? 彼がなにかしてくれたときは、「とても助かったわ」「ありがとう」「◯◯くん、頼りになるね」といったポジティブワードをすぐに口に出してみるのです。
ついつい言いたくなる皮肉や照れ隠しのための強気発言は封印。こうしたポジティブワードを抵抗感なく言えれるようになれば、相手に対しても自然と甘えやすいムードが作れます。

4: 心を“やわらかく”保つことを心がける

普段生活していると、自分を守るためにどうしても意地や見栄・プライドなどが出てきてしまっていないでしょうか。でも恋愛面で甘えるのに、こうした頑なな気持ちはなんの役にも立ちません、むしろ邪魔になるくらいです。
ですから恋愛モードになったときは、気持ちを切り替え、心をもっと“やわらかく”することを意識してみましょう。“やわらかく”とは、たとえば……

・ 相手や自分のことをもっと思いやりをもって考えてみる
・ 嫌なことがあってもぐっとこらえて笑顔を作ってみる
・ ものごとを自分の価値観だけで判断しないで、いろんな面から考えてみようとする

そうしてみると、自分が心を許した相手や気になる異性に対して、“甘えたいな”という気持ちになったとき、素直になれるはずです。
「私はこんな性格・ タイプだから、人に甘えるのは苦手」なんて思い込みをまず捨てて、“甘えさせて”と態度に出してみてください。

5:“甘え上手そうな人”をお手本に

すぐに甘えてみるのが難しいという場合は、甘え上手そうな人をよく観察して、話し方・仕草・物腰などを真似してみましょう。真似をするというのは、じつは一番上達の早い方法でもあるのです。
どうして彼女たちは、自然に他人に対して甘えられるのか、それが嫌味にならず成り立っているのか、といったことを分析しながら真似をしていると、いつの間にか自分も自然な素振りが身についていくはずです。
とはいえあまり小難しく考えすぎてもいけません、女優気分になってまずは“甘え上手な女性”を演じてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。