恋愛をみすみす遠ざけてしまっている人がやってしまいがちなこと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.09.05.Mon

「恋愛運がツイてない!」とお嘆きの方、果たしてそれは運のせいなのでしょうか? 日ごろから女磨きは十分にしている、合コンや婚活にも積極的だ、人付き合いは悪くないほうだと思う……そんな自信があるのになぜか幸せな恋愛にたどり着けない、それはじつは自分自身に原因があるのかもしれません。
傍目に見て魅力的だし、彼氏がいてもおかしくないのに、なぜか恋愛をみすみす遠ざけてしまっている……そんな人がやってしまいがちなこととはなにか、リサーチしてみました。

すべてを“自分のせいだ”と考えやすい

恋愛はある意味、能天気なくらい気楽に考えるほうがうまくいきやすいと言えます。相手のちょっとした態度や仕草、言葉の意味までいちいち深読みしているようだったら、恋愛を長続きさせることなんてできないでしょう。
同じように、なにかあるとすぐに“私のせいだ”と自分のせいにしてしまう性格だと、クヨクヨ考えすぎになってしまい、恋愛を前に進ませることができません。

せっかく恋愛のチャンスが訪れても、“傷つきたくない”と逃げてしまう

「気になる男性から話しかけられた」「デートのお誘いがあった」――せっかくのチャンスなのにいざとなるとひるんでしまい、相手とうまくコミュニケーションがとれない人も、せっかくの恋愛チャンスを逃す結果に。彼氏が欲しいと思う反面、フラれたり、心が傷つけられたりするのが怖くて逃げてしまっているのです。
あるいはどこかでプライドが恋をするのを邪魔してしまっているのかもしれません。恋愛は相手と深く関わりながら関係を築いていくもの。ときには傷つくことだって避けられません。逃げないで、自分の心をちゃんと見つめてみましょう。

男性に対して、自分勝手な“理想の彼氏像”を押しつけている

恋愛に過大な夢を抱いているのか、あるいは恋から離れすぎてしまって感覚がどこかくるってしまったのか、自分勝手な“理想の彼氏像”を強く持っている人もなかなかいい恋愛にたどり着けません。どうしても相手のことを批判的に見てしまいがちなので、彼に対するダメ出しが多くなり、“こんなはずじゃなかった”なんて思うことも……。
恋愛であれ、なんであれ理想と現実のギャップは必ずあるものです。自分が理想や妄想の世界から抜け出せていないことに、どうか気づいて!!

恋愛につきものの“変化”を受け入れることができない

しばらく恋愛から遠ざかっていたため、ほかにもたくさん楽しいことがあることに気づいてしまった人。いざ恋がはじまろうとすると、いろいろな変化が出てきますが、それをストレスに感じてしまい、みすみすチャンスを逃してしまうことも……。
たとえば、休日の過ごし方、自分だけの時間など相手のペースにも合わせなくてはいけないことも増えてきます。恋愛に変化はつきもの、相手に合わせることを“妥協”や“負け”と考えないで、もっと軽やかに変化を楽しんでみてはどうでしょう?

恋愛よりもほかのことに忙しく、高い優先順位をつけることができない

恋はしたいけど、なかなかうまくいかない……そんな状態が続いていたので、仕事、趣味などほかのことで生きがいや充実感を得ようとするのも無理はないでしょう。でもそのため、せっかく恋愛がはじまりそうなチャンスがあっても、ほかのことばかり優先させて、デートの時間もろくにとらない、そのうち相手も脈なしとみて去って行ってしまう……そんなパターンを繰り返している人も少なくありません。
“恋愛がすべてじゃないから”なんて強がってないで、素直に恋愛にもっと時間とエネルギーを注いでみましょう。そうすればきっと実りある恋にたどり着けるはずです!

▽ 参考記事(海外サイト):10 ways you are unconsciously sabotaging your relationships

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。