愛される女性はやっぱり違う! ベッドで自信と余裕を忘れないための4つのスキル

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.08.12.Fri

いい恋愛をするためには、ラブライフの充実も欠かせません。心だけでなく、身体の相性もばっちり楽しめてこそ、カップルとしても絆を深めることができると思います。そのためには、ベッドでも余裕と自信を感じさせる女性にぜひともなりたいもの。ただそれってハードルが高すぎるような気がしませんか?
でもあまり心配しすぎないで! セックスはいわば身体を使ったコミュニケーション。「自分のニーズをうまく相手に伝えること」、そして「相手のニーズを的確に読みとること」こそ、余裕と自信への第一歩なのです。そのために必要な4つのスキルをご紹介しましょう。

【スキルその1】相手のニーズをくみとれる

“もともとセックス上手な人”というのは存在しません。だってセックスがうまいかどうかは、相手によるところが大きいのですから。つまり、相手の話・態度・クセといったことから、なにを求めているかというニーズをくみとる能力が高い人は、必然的にパートナーとのセックスを満足度の高いものにすることができます。なので自信と余裕も生まれやすいというわけ。
世の中のいわゆる“ハウツー”やマニュアルばかりに頼らず、相手の気持ちをちゃんと聞く、そして同じようなセックススタイルを追求できることが大切です。

【スキルその2】先入観や偏見で相手をジャッジしない

お付き合いしているのにセックスの話題は恥ずかしくて、どうしても避けてしまう……という人のなかには、いざ相手の話を聞いたときに、先入観や偏見でジャッジしてしまう人もいるかもしれません。まずはそんな思いこみを捨てて「相手の話をそのまま聞く」ということにトライしてみて。
もしあなたが、「そんなの気持ち悪い」とか「(今のままで)私じゃ、満足できないっていうこと??」という反応を見せれば、相手だって正直に話しにくくなってしまいます。たしかにセックスには、気恥ずかしい部分もあります。でもカップルなんだから、そんな気持ちをとり払ってしまうべき。愛する彼のことをおおらかな気持ちで受けとめてあげてください。

【スキルその3】自分の身体に自信を持つ

彼はあなたを、そしてあなたの身体を愛し、求めているはずです。それなのに「お腹がぽっこりしていてみっともない」とか「貧乳だから、セクシーじゃないの」なんて、自分の身体にネガティブな思いこみばかり持っていませんか? じつはそんなことがずっと気になっていることが、彼とのセックスを思う存分楽しめない原因になっているかもしれません。
でもその大半は自分勝手な思いこみ――いわば自意識過剰のようなもので、当の彼本人はそんなふうには思っていないことのほうが多いでしょう。むしろチャーミングポイントとして見ているくらいかも……。あなただって、いざセックスのとき、大好きな彼の身体について意地の悪い視線では眺めていないはず。自分のボディについて、自分なりの魅力を見つけて“彼にとってセクシーな女”であることに自信を持ちましょう。モデルや女優さんと自分の身体を比べて、悩むことはないのです!

【スキルその4】回数をこなすことで、“感じやすい”体質になる

セックスについて「面倒くさい」とか、「正直言って楽しめない、彼のために応じているだけ」なんてうしろ向きに考えていれば、楽しむどころか、自信や余裕なんていつまでたっても芽生えてきません。
とりわけ女性の身体は、すぐにいつでもオーガズムをむかえられるほど単純ではないのです。同じ相手と何度もするうちに、身体も慣れてきて、より感じやすい体質に近づいていきます。ですから量をこなすことをためらわないようにしましょう。回数を重ねるほど緊張感も減っていくし、どうすれば気持ちよくなるのか、自分の身体がどんなふうに反応するのかわかってくるはずです。

いかがですか? いわゆる“ハウツー”ではありませんが、ベッドでの営みで大事なのはやはりなんといってもコミュニケーション能力。以上の4つはそのために欠かせないスキル、ぜひ心に留めてください。そして大好きな彼ともっともっと愛し合える関係になれますように!!

▽ 参考記事(海外サイト):Are YOU good in bed? The seven must-have moves that make you an expert between the sheets

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。