素直になれない女子のための素直講座! もう思ってもないことは口にしないで!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.06.15.Wed

好きな人の前で素直になれない……そんな女子は多いと思います。好きな人の前ではかわいい女の子でいたいのに、思ったこととは真逆の返事をしてしまう……とはいえそれは好きゆえなのに、相手には伝わることもなく自爆ということも多々……。
「昔はもっと素直な女の子だったはずなのに…」と過去の自分を振り返っても仕方のないことなのですが、素直になれない今の自分をなんとかしたいと思いますよね。そこで今回は、素直であることのメリットなどをお話ししていきます。

ついつい思ったことと真逆を言っちゃう女子アルアル

男子はいくつになっても、好きな人には「好き」というアピールをしていく生き物です。ですが、女子は年齢を重ねていくにつれて「好き」というアピールができずに、相手に気持ちがバレることを嫌がる傾向が強くなっていくのです。素直になって傷をつくのが怖いため、思っていないことを口に出して相手の反応を伺ってしまうのです。
ストレートではないその言葉は、やはり相手にちゃんと伝わることなんてなくて、駆け引きや計算が苦手な男子からすると「面倒くさい」に変わってしまうのでしょう。

土壇場で素直な気持ちを言っても、もう手遅れの可能性大

自分の素直になりきれない行動や言動のせいで相手との距離が開いてしまったときには、もう遅いですよね。「あぁ~!! 待って~」となってもそっぽ向いてしまった感情を、またこちらに戻すなんて至難の業です。
ですので、素直になって傷をつくことを恐れるか、気になる彼の気持ちを手放すか、どっちが自分にとって悲しいことかをまず考えなければいけません。してしまったあとの後悔は実になることもなく、どうしようもできない現状にただ疲れてしまうだけなのですから……。
そう考えると、勇気をもって覚悟をして自分の気持ちはちゃんと相手に伝えることのほうが、道は開かれていくと思いませんか? 自分自身の羞恥心や臆病な心を大事にするよりも、気になる彼との今後に心をワクワクさせていくことのほうが、結果はきっと良いものになっていくはずです。

好きだからこそのあまのじゃくより、好きだからこその素直さが◎

「好きな人にはなんだかつれなくなっちゃう、思ってもいないことを口走っちゃう……」この言葉だけを見ると、小学生男子を思い浮かべてしまいますね。ですが、男子は大人になるにつれてあまのじゃくから転身し、好きな人にはストレートにという人が多くなっていきます。
反対に女子は「大人になるにつれて恋愛には駆け引きや計算が必要だ!」という間違ったマニュアルを追求していってしまいます。好きだからこそあまのじゃくな発言や行動をしてしまうというのは、はたから見るとかわいいレベルかもしれません。ですが、当人からすると「なにが本当で、なにが本心じゃないのか?」という無駄な考えに頭を悩ませなければなりません。そんな恋愛はやっぱり疲れてしまうもととなってしまうのです。

いくつになっても素直さというのは、自分にとっても相手にとってもハッキリとした結果を生んでくれます。素直な気持ちを相手にぶつけて玉砕してしまったとしても、それは仕方のないことなのです。
あまのじゃくな言動などでその結果をうやむやにしたところで同じこと。だけど、そのあとに残る自分の気持ちは大きく違っていて、きっと素直になったことでの結果のほうが、心はスッキリと気持ちのいいものに変化していくと思いますよ。
さあ、少し勇気を出して、素直な女子になってみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

木村 比音(なお)

『愛』が人生のテーマ。

特技は本の世界に入り込むこと。
女の子は恋して夢みていい生き物なのです。
素敵女子目指して日々空想中。

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子