守銭奴まっしぐら、お金持ちだけどケチな男性の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.05.06.Fri

ガンガンお金を稼いでいるけど、相手がお金目当てで自分に近づいてきたのかどうか確かめようとして、あえて女性の前であえて羽振りが良い姿を見せない男性もいます。でも、中には本物のケチ男も。
そこで今回は、お金持ちだけどケチな男性の特徴をご紹介していきます。

自分だけ高級志向

筆者がこれまで出会ってきたお金持ちだけどケチな男に共通する点は“自分だけ高級志向”なのです。人をもてなす、プレゼントを贈るということはめったにしないくせに、高級車を乗り回していたり、都心のタワーマンションに住み、それを自慢げに話してきます。
しかしファスートフードを食べるときなどはきっちりワリカン、というように、“え? なぜ?”と思う場面で、ケチっぷりを発揮してくれるのです。
ところが、かんじんの本人は自分のケチっぷりにまったく気づいていない様子。 “俺って金持ち”とはさすがに言葉にはしませんが、そんなオーラを発しています。
成功しているけど自己中心的、くわえて他人を思いやる気持ちに欠けている人は、高い確率でお金持ちだけどケチな男なのでご注意を。

彼女に小銭を出させる

なぜかお金持ちなのにケチな男は、彼女に小銭を出させる傾向があります。いや、小銭くらい払っても問題ないのですが、コーヒー代、朝食代など支払っていると、彼が夕食をごちそうしてくれる金額とそう変わらないことも。
相手が年下もしくは夢追い人ならばまだわかるのですが、ある程度社会的に成功し、自分の何倍も稼いでいる人に小銭の支払いを求められると、ガッカリしてしまいますよね。
“この人と結婚したら、毎日小銭をせびられる”と思ってしまいますから……。だったら夕食もごちそうしてくれなくいいから、最初からワリカンで付き合った方がいいのでは? と思わずにいられません。
中途半端におごり、そして中途半端に彼女にお金を出させる男は、お金持ちのケチ男、はたまたその予備軍です。

じつは小心者

守銭奴になるお金持ちの男性は、小心者のことがほとんど。怖くて大きな賭けにでないため、お金が貯まるのかもしれませんが、あまりに守りに入ってしまうと、面白みに欠ける人になってしまいます。お金持ちのケチ男の中には、たまの休日にややリッチなランチを食べに行くと話しただけでも“無駄遣いじゃない?”と他人の財布の中身まで心配し始める人までいます。
“ちょっと小心者だな~”と思うことが多い男性は、いくらお金を持っていてもケチ男かもしれないので、冷静に観察してみてくださいね。最初いくら強がっていても、だんだんと化けの皮がはがれていきますよ。

ボロボロになったアイテムを捨てない

これが一番、お金持ちに見えてじつはケチな男を見破る秘訣なのですが、その人の自宅や車の中にボロボロになったアイテムや置物などがあったら要注意。物を大切にするという点では非常に尊敬できるのですが、もう使えないだろう、いくら何でも飾っておくのにも限度があると思ってしまうほどボロボロの物をとっておく人は、物に対する執着がすごい証拠です。
その物の中にはお金も含まれますから、その人がどんなにお金持ちであったとしても、ケチ男である危険性大。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。