彼が「ゴースト化」!? いい感じだったのに突然フェードアウトする男の心理

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.05.01.Sun

何回かデートしていい感触だったし、このまま本気で好きになりそう……そんなふうにときめいていたのに、なぜか彼が急に距離を置くようになった……なんてケース、身に覚えはありませんか?
女子をその気にしておきながら急に逃げ腰になる男、じつはけっこういるんです!

一見真面目に見える男子だって豹変しうる

彼らは一体どうしてそんな行動をとるのでしょう? 他人の気持ちをもてあそぶのがそんなに楽しいのでしょうか? なかにはそんなプレイボーイじみた男もいますが、それだけではありません。
一見真面目で誠実そうな男子だって、急に冷めた態度に豹変することがあるのです。英語では“ゴーストになる(Ghosting)”なんて表現されることもあるこの現象、たしかに今までそばにいたのに急に存在感が薄くなって、フェードアウトするのは “幽霊化”と呼ぶのがふさわしいのかもしれません。果たしてその背景にある心理とは……。

ストレスを感じて、引きこもりたくなる

男性は強くストレスを感じたとき、女子のように友だちにグチったり、話をきいてもらったりということはあまりしません。自分の精神的な弱さを他人に見せるのは友人と言えどタブーで、誰とも会わずに部屋に引きこもりたくなる習性があるようなのです。
ですから、あなたがせっかく彼とうまくいっていると思っていても、彼がなにかしらの“ストレス”を感じて、あなたとも距離を置こうとしていることがあります。こんなとき「私になんでも話して」というのは完全に逆効果、彼にとってはさらなる精神的プレッシャーとなるに決まっています。
そのストレスの原因が仕事や対人関係などあなたとは直接関係ない場合もあるので、こんなときはとにかくそっとしておくこと。彼があなたとまた向き合う心の準備ができるまで待つのがベストです。

あなたの“重さ”に耐えられなくなった

“重さ”とはもちろん体重のことではなく、精神的依存度のこと。彼にとって“重たい女”になってしまっているので、もう逃げたくなっているのです。頼られるのは好きだけど、依存されるのはまっぴら、というのが男性心理というもの。
その微妙なラインを見誤ってしまうと、“重たい女”認定されてしまいます。恋愛初期とはいえ、頻繁に連絡したり、返事を催促するようなマネは避けたほうがよいでしょう。

あなたとの関係に自信が持てないでいる

せっかく恋がはじまりかけているのに、彼がどこかためらいやちゅうちょを感じていて、あなたの前から静かに姿を消そうとしていることもあります。とはいえ、それはあなた自身に問題があるとは限りません。
彼自身がまだ次の恋にすすむ準備ができていない、あるいはまだ元カノのことを引きずっているというのなら、仕方がありません。あなたが自信を失うことはないのです。出会って意気投合してみたけど、やっぱり真剣にお付き合いするには至らない……そんな関係もたくさんあります。
もし彼がなにがしかの不安を抱えているのなら、ヘタに深追いしようとするより、“自分らしさ”を失わないで堂々としていましょう。彼がそんなあなたに魅力を感じたら、彼のほうからきっと戻ってくるはずです。

まとめ

男性というのはこと恋愛になるとかなり臆病になるもので、彼女にきちんと理由を説明しないまま“ゴースト”となってしまうことがあるのです。でもそんな彼らに振りまわされないで、自分をちゃんと大事にしていれば、きっとあなたにふさわしい相手が見つかることでしょう。

▽ 参考記事(海外サイト):Why Men Pull Away: Top 3 Reasons

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。