オトコが彼女にフラれたときに、じわじわ後悔すること4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美佳

Written by:

2016.04.22.Fri

彼女からある日突然「別れてほしい」と言われ、あわてふためく男子も世の中多いでしょう。彼女としては、彼に対する日頃の不安や不満、怒りに我慢しきれなくなった結果なのです。しかし男子は別れ話が出るまで、彼女のそんな気持ちになんとなく気づいてはいたものの、まぁ大丈夫だろうと余裕をかましてしまいがち。
ですがどんな高慢な彼でも、大事な彼女にフラれたらこんなコトを後悔しますよ。

忙しくて放置してしまったこと

忙しいときって、なにかと彼女のことを放置しがち。彼女から「最近連絡少ないね」「会えなくなったね」とLINEをもらって「あ! ゴメン。忙しくて」と言葉ではいちおう謝るものの、「でも忙しいんだし、少しくらい待ってくれたっていいだろう……」と心の中では、放置はしょうがないと思っている男子もいます。
ただ彼女にフラれたときに、放置してしまったことを後悔する男子は非常に多いのが現実……。「あ~……なんでもっとマメに連絡とってあげなかったんだろう」「もうちょっと時間つくってデートすればよかった……」とフラれてようやく失ったものの大きさに気づくのです。

浮気をしたこと

彼女との関係がマンネリしたとき、ふと「他の女子とも遊びたいな~」「他の女子とエッチしたいな~」と浮気心が芽生えてしまう男子もいるでしょう。
理性でそういった感情を制御できる男子はいいですが、タガが外れて浮気に走ってしまう男子もいます……。バレないと思ってはじめた浮気が結局彼女にバレ、別れ話になり、大事な彼女にフラれてようやく浮気が「悪いこと」と知る男子も。
フラれたあとに後悔しても遅いのですが、極限の場面にならないと本当に反省できない男子もいます。

彼女の話をきいてあげなかったこと

彼女の話に付き合うのが面倒臭くて適当に相づちをうったり、「いま忙しいからあとにして」とあと回しにしたり、自分に対する不満をきき入れることなくはね返したりして彼女の話を全然きかなかったことを、フラれたあとに後悔する男子は多めです。
フラれるときに彼女の気持ちをきいて、「なんでもっと向き合ってあげなかったんだろう……」とやっと彼女の気持ちを理解できても、もう手遅れ……。彼女としては「別れ話になる前に気づけよ!」って思いますが、男子はギリギリ、もしくは終わらないと気づかないようです。

ちゃんと愛情表現しなかったこと

恥ずかしいから「好き」とか「愛してる」ってストレートに言えない……おもいっきり抱きしめてあげられない……というのは、彼女からしたら「本当に私のこと好きなのかな……」「イヤイヤ私と付き合っているのかな……」と不安ですよね。不安が頂点に達すれば、どんなに優しい女子でも「これ以上関係を続ければ、自分の精神がおかしくなる……」と思い別れを考える人が多いでしょう。「好かれているか不安だから別れたい」と彼に別れを切り出して、彼はようやく自分の不器用な愛情表現のせいで彼女が不安になっていたことに気づきます。

おわりに

彼に対して不安や不満を抱えている女子は多いでしょう。「何度言ってもなおしてくれない……」「話を受け入れてくれない……」と彼が理解してくれなくて困っている女子の皆さん、残念ですがそういう男子は、別れ話が出るまで気づきませんよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美佳

美佳です。
元銀座ホステスです。
都内のどこかに ひっそりと生息してます。
顔はご想像にお任せします。

ゆるーくブログをはじめました。
「お後がよろしいようで!」https://mika-blog.amebaownd.com