頑張りすぎてない? 恋愛関係を維持するために無理してしまいがちなこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.04.11.Mon

せっかく手に入れた大事な恋愛、なんとしても維持してなんとか結婚まで持ち込みたい……。そんなふうに思う女子も多いのではないでしょうか。それはもちろん健気なことですが、でも頑張りすぎてしまうのもよくありません。とくに方向性が間違っていれば、その努力もすべて水の泡になってしまうのです。
そこで今回は、恋愛関係を維持するためについ私たちがムリしてやってしまいがちなことをまとめてみました。よくないとわかっていながら、やってしまうのが人間の心の弱さというもの、皆さんも心当たりはないでしょうか。

彼に嫌われたくなくて、いつも彼の要望ばかり優先してしまう

付き合っていてもなぜか不安、だから彼に嫌われないようにいつも気をつかっている――というのは健全な関係とは言えません。それでは自分がほんとうにしたいことや言いたいことも押し殺して、相手に合わせたり、妥協したりしようとするでしょう。
カップルとして相手の気持ちを尊重することはもちろん大事です。でも自分の思いや本心をきちんと表現し、認めてもらうこともまた同じように必要なことです。彼との会話で、「いいよ、いいよ」が口グセのようになっていたりしないでしょうか??

連絡できない、会えない……そんな彼のための“言い訳”を必死で考えてしまう

彼から連絡がこない、デートをドタキャン――そんなことが頻繁にあってイライラしながらも、「きっと彼は今仕事で忙しいんだ」「昨日具合悪そうだったから、きっと寝込んでいるんだわ」とあれこれ彼の立場に立った言い訳を際限なく考えてしまう……。これは悪いクセです。
“きっとなにか事情があるにちがいない”と思うことで、彼の愛情を疑いたくないという心理が働いていますが、それってムリしていると思いませんか? 本来なら恋人を不安にさせないよう心配りをするべきなのに、彼からそんな配慮がまったく感じられない。だから自分で言い訳を考えようとしてしまうのでしょう。気になることがあったら、きちんと彼にきいてみましょう。

どう考えても幸せな恋愛とは思えないのに、別れたくなくてしがみついている

彼への気持ちばかりが一方通行で、愛されている実感がない……なんとなくそんなふうに感じてくると、「この恋も終わるのかな??」なんて気がしてきます。やっぱり自分が幸せじゃない恋愛にしがみついていても、みじめになるだけです。
でもそんな状況にもかかわらず、別れるという選択肢が完全に頭から除外されて、必死になって彼をつなぎとめようとしていないでしょうか。彼のわがままに無制限に付き合ったり、“都合のいい女”になってみたり、そんなことをしても彼の心をずっとつなぎとめられるとは思えません。自分にとって得るものがない、と思うなら、その恋を終わらせることも必要です。

いつまでたっても“本当の自分”が出せず、彼好みの女を演じている

まだデートを数回しただけ――という関係であれば、お互いカッコつけている面もあるでしょう。でも付き合って1か月以上たち、安定した関係となってきたら素の自分を素直に出せるようにしたいものです。それなのにいつまでたっても、“よそいき”の自分でないと彼と一緒にいられない、“彼好みの女”をどこかで演じているのは、心がどこかで無理をしている証。どうして彼の前で本当の自分になれないのか、よーく考えてみる必要があるでしょう。

恋愛とは常に悩みの尽きないもの、だからこそ頑張りすぎたり、無理をしたりすることも“この恋のためなら”と思ってしまいがちです。でもその努力が本当にそれだけの価値があることなのかどうか、自問することも大切。もしいつまでも精神的に満たされず、安心感を得られない関係なら、勇気を出して次の恋に進むことも視野に入れてみるべきです!

▽ 参考記事(海外サイト):9 signs you are trying too hard in your relationship

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。